C よい子・悪い子の育て方

講座190 「悪い子」の育て方②

投稿日:

答えの1つ目は「放置し過ぎ」でした。

放置は、動物脳を「安心安全」にさせません。

動物脳が安心安全な状態になければ、人間脳は健全に発達できないので「悪い子」が育ちます。

それが仕組みの①でした。

今回は仕組み②です。

 目 次
1.脳の仕組み②
2.防衛反応
3.防衛反応を引き起こす6つの例

1.脳の仕組み②

【仕組②】人間脳と動物脳は、同時には働かない。

イヤイヤをして泣き叫んでいるときは「動物脳」が働いています。

この時、人間脳のスイッチは切れていますから、話しかけてもなかなか通じません。

我に返った時に話しかけるか、

「アンパンマンだ!」とか言って我に返らせないと意識が戻らないのです。

泣き叫んでいる時は「別人」だと思っていいです。

それが「同時に働かない」という仕組みです。

2.防衛反応

兄弟でケンカをしてジュースをこぼしてしまった時のお母さんです。

「おぅらッ!何してんだ!テメェら!」と怒りました。

人間は、怒られると動物脳にスイッチが入ります。

3Fですね。

抵抗するか、逃げようとするか、固まるかです。

スイッチが動物脳に入ってますから、自分たちの状況を客観視できません。

とにかく守ることに一生懸命になります。

「だって…」

と言って、自分を守ろうとします。

ちょっと横道にそれますが、子どもが言い訳をするのは大人が聞くからです。

このお母さんも「何してんだ!」と聞きましたよね。

聞くから「だって」が出るのです。

「どうしてそんなことするの!」

も同じです。

言い訳を言わせる言葉です。

とにかく、このように怒ったり叱ったりすると、子どもは防衛反応を見せます。

冷静に考えることが出来ないので、

反省できなかったり、

同じことをくり返したり、

ウソをついて誤魔化そうとしたりする可能性が高まります。

3.防衛反応を引き起こす6つの例

こういう対応をすると、子どもはすぐに「守り」に入ります。

それではいつまで経っても人間脳が未熟なままです。

①すぐにキレて友だちを殴る。

②話をしようとすると逃げる。

③話を聞こうとすると黙ってしまう。

こういう子が育ちます。

というわけで、問題1の答えはこうなります。

次回は「よい子」の育て方について解説します。

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-C よい子・悪い子の育て方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座197 「よい子」の育て方 ③

今回は「よい子」の問題点の最後です。 別の講座で何度か取り上げたのですけど、わかりますか?  目 次 1.「よい子」の問題点③2.まとめ 1.「よい子」の問題点③ 「よい子」の親のタイプを思い出してく …

講座196 「よい子」の育て方 ②

講座193で、「よい子には3つの問題点がある」と書き、その一つ目を解説しました。 今回は「よい子」の問題点2つ目について書きます。  目 次 1.おさらい(定義)2.おさらい(親のタイプ)3.「よい子 …

講座193 「よい子」の育て方①

「悪い子」にも定義があったように、 「よい子」にも定義があります。 ①素直に従う②我慢し、まじめに努力する③暴力をしない。暴言を吐かない。 これが「よい子」です。 理想的な子どもですよね。 こうした「 …

講座189 「悪い子」の育て方①

どういう子を「悪い子」と呼ぶか。 定義があるって、知ってますか? 今日は「悪い子」の育て方について解説します。  目 次 1.「悪い子」の定義2.「悪い子」の育て方①3.脳の仕組み①4.無視や放置5. …

講座30「よい子」「悪い子」「普通の子」まとめ

🔽ざっくり動画(2分10秒) 🔽YouTubeラジオ:このブログの音声版(4分07秒) 子どもらしく育ってくれれば、それでいい。 それを私は「普通の子」と呼びました。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。