C よい子・悪い子の育て方

講座189 「悪い子」の育て方①

投稿日:

どういう子を「悪い子」と呼ぶか。

定義があるって、知ってますか?

今日は「悪い子」の育て方について解説します。

 目 次
1.「悪い子」の定義
2.「悪い子」の育て方①
3.脳の仕組み①
4.無視や放置
5.1つ目の答え

1.「悪い子」の定義

①すぐにキレて友だちを殴る。

これ、ダメですよね。

②話をしようとすると逃げる。

これもダメですよね。

③話を聞こうとすると黙ってしまう。

こういう子、いますよね。

これも「悪い子」に分類されるんです。

「悪い子」というのは、この①②③のような子を指します。

①~③はそれぞれ「Fight(闘う)」「Flight(逃げる)」「Freeze(固まる)」、

合わせて「3F」と呼ばれる防衛反応です。

(細かく言うと本能行動をコントロールできない状態です)

①②③のような防衛行動に走っちゃう

そういう子です。

「悪い子」の話ですが、「悪い大人」でも同じです。

悪い事をして警察に捕まりそうになったら、抵抗する大人、逃走する大人っていますよね。

そして、捕まってしまったら黙っちゃう。

きっと暗い過去があったのでしょう。

そういうのが防衛反応で「悪い」の定義です。

2.「悪い子」の育て方①

そして、このような「悪い子(悪い大人)」に育てるには、育て方があるんです。

さあ、A~Dの中で、「悪い子」に育つ方法はどれでしょう?答えは2つです。

3.脳の仕組み①

人間の脳を簡単に言うと、「動物脳」の上に「人間脳」が乗っかっている感じです。

中心にあるのが「動物脳」で、本能や感情に関係します。

その上に乗っかっている「人間脳」は思考やコントロールをする場所です。

そして、その仕組みの1つ目がこれです。

【仕組①】動物脳が「安心安全」な状態になければ人間脳はうまく機能しない。

赤ちゃんの時の経験を覚えていますか?

オムツが濡れて気持ち悪くて泣きましたよね。

そうすると、お母さんが来てくれて新しいオムツに取り換えてくれる。

「安心安全」です。

この時、赤ちゃんは次のことを認識します。

【認識】泣いたら来てくれた。

そういうことをくり返すうちに、赤ちゃんは次のことを期待するようになります。

【期待】泣いたら来てくれるかな?

「認識」も「期待」も思考です。

人間脳が成長しているんです。

「不快」という感情で泣くことから、取り換えて欲しいという「要求」で泣くようになるわけです。

つまり、わざと泣くようになるわけですね。

そして、うまく要求が満たされると、「やったぜ!」と喜びます。

これを「成功体験」と呼びます。

こんな感じですね。

4.無視や放置

今度はお母さんが来てくれなかった場合です。

来てくれないと泣き続けます。

「安心安全」が成り立ちません。

「成功体験」につながりません。

泣いても来てくれなかったので「失敗体験」になります。

そして、このようなことが続くと人間脳が発達せず、動物脳が優位になります。

したがって、防衛反応をコントロールするのが苦手な子(=悪い子)に育つ可能性が高まるわけです。

5.1つ目の答え

ということで、問題1の答えの1つ目はわかりましたか?

答えはBの「放置し過ぎ」です。

次回はもう1つの答えについて解説します。

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-C よい子・悪い子の育て方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座197 「よい子」の育て方 ③

今回は「よい子」の問題点の最後です。 別の講座で何度か取り上げたのですけど、わかりますか?  目 次 1.「よい子」の問題点③2.まとめ 1.「よい子」の問題点③ 「よい子」の親のタイプを思い出してく …

講座196 「よい子」の育て方 ②

講座193で、「よい子には3つの問題点がある」と書き、その一つ目を解説しました。 今回は「よい子」の問題点2つ目について書きます。  目 次 1.おさらい(定義)2.おさらい(親のタイプ)3.「よい子 …

講座193 「よい子」の育て方①

「悪い子」にも定義があったように、 「よい子」にも定義があります。 ①素直に従う②我慢し、まじめに努力する③暴力をしない。暴言を吐かない。 これが「よい子」です。 理想的な子どもですよね。 こうした「 …

講座190 「悪い子」の育て方②

答えの1つ目は「放置し過ぎ」でした。 放置は、動物脳を「安心安全」にさせません。 動物脳が安心安全な状態になければ、人間脳は健全に発達できないので「悪い子」が育ちます。 それが仕組みの①でした。 今回 …

講座30「よい子」「悪い子」「普通の子」まとめ

🔽ざっくり動画(2分10秒) 🔽YouTubeラジオ:このブログの音声版(4分07秒) 子どもらしく育ってくれれば、それでいい。 それを私は「普通の子」と呼びました。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。