I 理想の学校・ブラックな学校

講座62 ある保護者からの発信

投稿日:2020年8月6日 更新日:

我が子の宿題

娘が2年生の時、1日の宿題が、
漢字ドリル2ページ(20問を2ページ)、
計算ドリル2ページという量を出された。

唖然とした。

繰り返し練習による知識の定着は必要であるが、

明らかに家庭で終えられない要求をされることがある。

家庭の現実

子どもは真面目である。

親も、

「学校で子どもが叱られる」

のが嫌なので、

いっしょに行う。


母親のママLINE、娘の会話からは、驚くべき言葉が聞かれる。

「〇〇ちゃんは、夜の12時までやったらしいよ。」

「〇〇ちゃん、いつも宿題しているよ。」

「〇〇くん、宿題をしなくてまた怒られてたよ。」

勉強が苦手な子は…

娘の学習の理解力は標準的(多分)なので、
課題を終わらせることは可能だが、

「勉強が苦手な子」の苦労は察するに余りある。

教師は善意と思ってしていることが、
害となっていることには様々あるだろう。
その一つが宿題である。

先生は…

教師は教育系の大学に入ることのできたある意味、優等生である。
だから「宿題をしない」子どもや家庭の状況への

想像力が欠けやすい。

教師が「見ていない」現実

今年の娘(小5)の担任の女性教師は宿題が少ない。

娘は、

「今までで一番良い!」

「20分ぐらいで終わって、そのあと、公文と英語宿題ができる」


と言っている。

-I 理想の学校・ブラックな学校
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座287 我が子が事故!救急車呼ぶ?迷ったら…

34年間の教員人生で救急車を呼んだことが1回あります。 救急車で運ばれたことも1回あります。 今回はそのことについて書きます。  目 次 1.指がちぎれた男の子2.眩暈と嘔吐3.名古屋の顔面骨折事故 …

講座269 学校のここを変えたい!③

コラボ動画シリーズの3回目(最終回)です。 今回も言いたい放題をやっています。 担任発表をもっと早くして! 私の推しは村野先生が主張されている「担任発表をもっと早く!」です。 これには2つの意味があっ …

講座268 学校のここを変えたい!②

昨日の動画に反響がありました。 2020年から主体的で対話的な学びを大切にすると聞いていました。学級支援員になり、まだ数日ですが、自分たちの子供時代の授業とあまり変わらず、みんな同じことをさせていてビ …

講座267 学校のここを変えたい!①

私は教師向けにYouTube動画を配信しているのですが、 今日の動画は保護者の方が観ても面白いと思いますので、 ここで紹介させていただきます!(^^)/  目 次 1.学校の「横並び主義」をなくしたい …

講座252 担任の「アタリ」と「ハズレ」

今年の担任はアタリでしたか?ハズレでしたか? 今は担任発表を学校まで見に行かなくてもLINEで流れて来ますよね。 そして、アタリかハズレかの評価も一緒に! でも、アタリとかハズレの基準って何なのでしょ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。