理想の学校・ブラックな学校

講座62 ある保護者からの発信

投稿日:2020年8月6日 更新日:

我が子の宿題

娘が2年生の時、1日の宿題が、
漢字ドリル2ページ(20問を2ページ)、
計算ドリル2ページという量を出された。

唖然とした。

繰り返し練習による知識の定着は必要であるが、

明らかに家庭で終えられない要求をされることがある。

家庭の現実

子どもは真面目である。

親も、

「学校で子どもが叱られる」

のが嫌なので、

いっしょに行う。


母親のママLINE、娘の会話からは、驚くべき言葉が聞かれる。

「〇〇ちゃんは、夜の12時までやったらしいよ。」

「〇〇ちゃん、いつも宿題しているよ。」

「〇〇くん、宿題をしなくてまた怒られてたよ。」

勉強が苦手な子は…

娘の学習の理解力は標準的(多分)なので、
課題を終わらせることは可能だが、

「勉強が苦手な子」の苦労は察するに余りある。

教師は善意と思ってしていることが、
害となっていることには様々あるだろう。
その一つが宿題である。

先生は…

教師は教育系の大学に入ることのできたある意味、優等生である。
だから「宿題をしない」子どもや家庭の状況への

想像力が欠けやすい。

教師が「見ていない」現実

今年の娘(小5)の担任の女性教師は宿題が少ない。

娘は、

「今までで一番良い!」

「20分ぐらいで終わって、そのあと、公文と英語宿題ができる」


と言っている。

-理想の学校・ブラックな学校
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座311 なぜ秋田県は学力が高いのか?

秋田魁新報社 全国学力テスト、秋田はまた全国上位 全科目で平均上回る文部科学省は28日、小学6年生と中学3年生を対象に実施した2022年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。秋田 …

講座309 わが国の教育システムの問題点

先日、こんな講座を受けました。 「青年期・成人期における発達障害のある人を誰一人取り残さない社会に向けて」 講師は信州大学医学部教授・本田秀夫先生です。 その中で私は衝撃的な言葉に出会いました。 今回 …

講座307 学校の先生は大変なのか?

ニュースなどで「学校の先生の仕事はブラックだ!」などとよく言われます。 ネットで検索すると「ブラック」どころか「ブラック過ぎる」というワードがよく出て来ます。 Twitterでは、学校の先生方がその大 …

講座302 誰が国語力を殺すのか?

「一般の方が見ている世界」と「学校の先生が見ている世界」とでは、 こんなに違うのかあー! という衝撃的なことがあったので、今回はそのことを書きます。  目 次 1.ルポ「ごんぎつね」2.ナニが問題なの …

講座287 我が子が事故!救急車呼ぶ?迷ったら…

34年間の教員人生で救急車を呼んだことが1回あります。 救急車で運ばれたことも1回あります。 今回はそのことについて書きます。  目 次 1.指がちぎれた男の子2.眩暈と嘔吐3.名古屋の顔面骨折事故 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。