理想の学校・ブラックな学校

講座133 低学年での学級崩壊体験

投稿日:

まずはこちらの動画をご覧ください。

忘れもしません!

この時、私は4回目の一年生担任だったのです。

もうベテランですよね。

入学式に保護者の前で、「任せてください!4回目ですから!」って言っちゃったんです。

そしたら次の日から崩壊です。

一週間もしないうちに不登校の子も出しました。

学校に行きたくないと言って泣いている姿を目の当たりにしました。

情けなかったですね。

その時の経験をふまえ、子育てに役立ついくつかのことを解説いたします。

 目 次
1.自由保育のせいじゃない?
2.有名幼稚園を参観する
3.再び参観へ
4.子どものせいにしない

1.自由保育のせいじゃない?

まだ何もしていないわけですからね。

きちんと話を聞けないのは「その前の教育」のせいだ!

って考える先生もいると思います。

でも、それを言っちゃあおしまいだよ! と思っていたので、

それは思いませんでしたね。

ただですね。

当時は「自由保育」と言って、

厳しいしつけはしない。のびのび自由に育てる。

という幼児教育が全国的に流行していて、

その是非をめぐってニュースなどでも話題になっていたんです。

これって自由保育のせいじゃない?

という思いは心の片隅にありましたね。

2.有名幼稚園を参観する

世間には自由保育賛成派と伝統的保育賛成派があって、

伝統的保育をしている幼稚園では「きちんとした子ども」が育っていたんです。

その幼稚園を出た子どもたちは小学校に行っても荒れないわけです。

そういう情報があったので、私は自分の目で確かめてみることにしました。

埼玉県飯能市にある白鳥幼稚園の公開研究会です。

衝撃的でしたね。

子どもらしく「のびのび」しているのに、「きちんと」できる。

一言で言えば「やる時はやる」って感じ。

先生のお話を聞く時は聞くし、集中も持続する。

その一方で、遊びや創造性といった能力も高い。

その時、私は一年生の自分のクラスを担任していたわけですからびっくりしました。

子どもが違うからだ。

なんて微塵も思いませんでした。

園の先生方の指導力がすごいのです。

石間戸園長の言葉が忘れられません。

どの先生も同じレベルの指導力を身につけています。
ですから、どの先生が担任しても大丈夫です。

衝撃的でしたね。

学校世界との違いに愕然としました。

そして、「伝達可能な指導力」というものが存在し、身につけることができるという事実を確信できました。

これが一回目の参観の収穫です。

3.再び参観へ

その一週間後に私は再び埼玉へ飛びました。

今度は研究会ではなく、お願いして普段の一日を個人的に参観させていただきました。

ビデオ撮影も許されたのでカメラで撮りまくりました。

園の先生方の指導スキルを自分も身につけたいと思ったのです。

帰ってから映像を分析し、自分のクラスにも様々な形で取り入れました。

そのひとつに「しつけ三原則」があります。

挨拶は自分から先にしよう。
返事は「はい」とはっきり言おう。
はきものはそろえ、椅子は入れよう。

森信三の「しつけ三原則」です。

「腰骨を立てる」という姿勢の指導も取り入れました。

三学期には嘘のように落ち着いた時間が教室に生まれるようになりました。

4.子どものせいにしない

でも、その一年を振り返ってみると、最大の契機は「指示に子どもの名前を付ける」という技術ですね。

たったこれだけのことで授業が激変しましたから。

指導技術というのはある!

そして、それは伝達できる。学ぶことができる。身につけることができる。

そのことを実感しました。

今まで何をしていたんだろう!と思いましたね。

教師11年目のことです。

この「 指示に子どもの名前を付ける」という技術 には思想があります。

悪いのは子どもじゃない。
子どものせいにしない。

という思想です。

学級全体に話しても通じないという現象は、

子どもの脳の発達に関係するという視点が私にはなかったのです。

できなくて当然

というスタート地点に立てなかったのです。

技術も持ち合わせていなかった。

それが年度当初の私でした。

しかし、 「指示に子どもの名前を付ける」 という技術を持ったことによって、

子どもの変わる姿を目の当たりにし、

その裏にある考え方もできるようになりました。

すぐれた実践にはすぐれた思想がある。

このことをクールに実感しました。

より詳しく知りたい方はこちらの動画もご覧ください。

『新・向山洋一実物資料集』 膨大な資料から厳選した全2,500ページ超の未発表資料

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-理想の学校・ブラックな学校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座311 なぜ秋田県は学力が高いのか?

秋田魁新報社 全国学力テスト、秋田はまた全国上位 全科目で平均上回る文部科学省は28日、小学6年生と中学3年生を対象に実施した2022年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。秋田 …

講座309 わが国の教育システムの問題点

先日、こんな講座を受けました。 「青年期・成人期における発達障害のある人を誰一人取り残さない社会に向けて」 講師は信州大学医学部教授・本田秀夫先生です。 その中で私は衝撃的な言葉に出会いました。 今回 …

講座307 学校の先生は大変なのか?

ニュースなどで「学校の先生の仕事はブラックだ!」などとよく言われます。 ネットで検索すると「ブラック」どころか「ブラック過ぎる」というワードがよく出て来ます。 Twitterでは、学校の先生方がその大 …

講座302 誰が国語力を殺すのか?

「一般の方が見ている世界」と「学校の先生が見ている世界」とでは、 こんなに違うのかあー! という衝撃的なことがあったので、今回はそのことを書きます。  目 次 1.ルポ「ごんぎつね」2.ナニが問題なの …

講座287 我が子が事故!救急車呼ぶ?迷ったら…

34年間の教員人生で救急車を呼んだことが1回あります。 救急車で運ばれたことも1回あります。 今回はそのことについて書きます。  目 次 1.指がちぎれた男の子2.眩暈と嘔吐3.名古屋の顔面骨折事故 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。