H 幼児教育「黄金の5年間」

講座243 「だいじ、だいじ」は大事!

投稿日:

物を大事に扱わせる時に、

「だいじ、だいじだよ」

って教えませんでしたか?

これ、子育てにおいてとっても大事な言葉なんです。

難しい言葉で「行動統制をするための言葉」と言います。

子どもは、「行動統制をするための言葉」を獲得することによって、自分の行動をコントロールできるようになります。

その言葉を教えられて、その行動をとれるようになるのです。

分かりますか?

「だいじ、だいじ」という言葉は考え方なんです。

「これは大切に扱うんだな!」とか、

「こういう時は大切に扱うのか!」といった

考え方なんです。

そういった考え方を言葉とセットで覚えるわけです。

だから、「だいじ、だいじ」を教えられた子は、親が「だいじ、だいじ」と言えば行動を統制できるように育ちます。

それどころか、何も言わなくても、自分から「だいじ、だいじ」と言うようにもなります。

これが、言葉によって行動を統制する仕組みです。

これと真逆の育て方が「叱る」です。

「ダメだよ!」とか、

「やめなさい!」などと言って叱った場合は、行動統制する言葉(思考)の獲得は出来ません。

防衛反応が働くからです。

その場の行動は変わるでしょう。

でも、それは思考ではなく反応です。

叱られたからやめただけです。

「育ち」にはならないわけですね。

これが「教える」と「叱る」の大きな違いです。

ところで、この「だいじ、だいじ」は何歳くらいから分かるようになるか知ってますか?

発達協会の湯汲英史氏によれば「1歳前後」から分かるそうです。

そのくらいの時期にこの言葉で教えてあげれば、自分で行動を統制できるように育つと考えて良さそうです。

でもこれは一つの例ですから、

大きくなってからでもそれなりの「言葉」で教えることは大切です。

また、他の場面にも応用できる大事な考え方だと思います。

最後に私のラジオ番組でいつも使っているフレーズを!

子育ては、教えてほめる。
ダメなのは、教えないで叱る。
「子育てエトセトラ」の時間です!

関連講座:講座220「江戸時代の育児書」


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-H 幼児教育「黄金の5年間」

執筆者:


  1. まき より:

    1歳5か月の息子は、食べる時に「カミカミするんだよ〜」と言うと、手の指をパクパク動かしてカミカミとやりながら食べます。
    ちゃんと言葉が分かっているんだなと感動しました。
    「子育ては、教えて褒める。」良い言葉ですね♪

    • 水野 正司 より:

      「カミカミ」もそうですね!
      行動統制してますね。
      思えばこれらは「畳語」ですね。

  2. みほ より:

    長男が1歳の時に、「だいじ、だいじ?」と聞いてくることがありました。
    「そうだね。だいじだね。」と言いながら、長男と一緒に、そのモノをギュッとしたような気がします。

    他に、「いたい、いたい?」と聞いてくることもありました。
    「お母さん、これは危険なの?」という意味で使っていたんじゃないかなぁと思います。
    故意ではなく、ぬいぐるみを落としてしまった時に
    「いたい、いたい?」
    と聞いてきたこともあります。
    「いたかったかな。一緒にギュってしようか。」って、一緒にぬいぐるみをギュっと抱きしめたような気がします。
    「お母さん、落してしまったよ!わざとじゃないんどけど、やっちゃったよ」
    という意味なのかなぁと思いました。
    これは、行動抑制ではなく、感情の共有をしたかったってことなのかなぁと、
    拝読しながら、ふと思いました。

    • 水野 正司 より:

      1歳で他者(ぬいぐるみ)の気持ちを察することができるってスゴイですよ!
      「心の理論」をクリアしつつあるってことかも知れませんね。
      クリアまでいかなくても、かなり早い時期にクリアするでしょうね。
      言葉を思考の道具として扱っている点では共通していると思います。

  3. タミー より:

    「カミカミ」は使っていましたが、「だいじ、だいじ」は使っていませんでした。
    今日から使います!

    • 水野 正司 より:

      説明不足ですみません。
      「だいじ、だいじ」じゃなくてもいいんです。
      言葉と意識が結びつくっていう感じです。
      ヘレンケラーのお話みたいな感じです。
      その時はいつ来るかわかりません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座277 「さかなクン」のフロー体験

今回は、テレビなどで活躍してるいる「さかなクン」の幼児期について解説します。  目 次 1.「泥だんご」クン2.「トラック」クン3.「妖怪」クン4.「タコ」クン5.「ウマヅラハギ」クン 1.「泥だんご …

講座265 遠出≠家族サービス

GWといえば「おでかけ」ですよね。 でもこの「おでかけ」は誰のため?って考えたことありますか? 「おでかけ」は子どものためには良くない場合もあることを頭の隅に置いていきましょう。  目 次 1.赤ちゃ …

講座251 「母子登校」が増えている?

 目 次 1.密着動画2.解説3.なぜ教室に残るのか4.何が起こるか分からない5.コミュニケーションづくり6.日課表 1.母子登校とは何か 「母子登校」というのは、お母さんと一緒じゃないと学校に行けな …

講座250 「朝ご飯」で最も重要な栄養素

「朝ご飯」でもっとも大切な栄養素は次のうちどれでしょう。 ①ブドウ糖 ②ビタミンC ③タンパク質 1.就学時健康診断 「早寝早起き朝ごはん全国協議会」のホームページに朝ご飯の必要性についての説明があり …

講座247 生活習慣形成の基本原則

【問題】トイレ・トレーニングを始めました。おむつをやめてパンツにしましたが、遊ぶのに夢中でパンツを何度も汚してしまいます。この時、お母さんは子どもにどんな言葉をかけたらよいでしょう。 次の中から選んで …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。