1歳半~6歳(幼児期)

講座243 「だいじ、だいじ」は大事!

投稿日:

物を大事に扱わせる時に、

「だいじ、だいじだよ」

って教えませんでしたか?

これ、子育てにおいてとっても大事な言葉なんです。

難しい言葉で「行動統制をするための言葉」と言います。

子どもは、「行動統制をするための言葉」を獲得することによって、自分の行動をコントロールできるようになります。

その言葉を教えられて、その行動をとれるようになるのです。

分かりますか?

「だいじ、だいじ」という言葉は考え方なんです。

「これは大切に扱うんだな!」とか、

「こういう時は大切に扱うのか!」といった

考え方なんです。

そういった考え方を言葉とセットで覚えるわけです。

だから、「だいじ、だいじ」を教えられた子は、親が「だいじ、だいじ」と言えば行動を統制できるように育ちます。

それどころか、何も言わなくても、自分から「だいじ、だいじ」と言うようにもなります。

これが、言葉によって行動を統制する仕組みです。

これと真逆の育て方が「叱る」です。

「ダメだよ!」とか、

「やめなさい!」などと言って叱った場合は、行動統制する言葉(思考)の獲得は出来ません。

防衛反応が働くからです。

その場の行動は変わるでしょう。

でも、それは思考ではなく反応です。

叱られたからやめただけです。

「育ち」にはならないわけですね。

これが「教える」と「叱る」の大きな違いです。

ところで、この「だいじ、だいじ」は何歳くらいから分かるようになるか知ってますか?

発達協会の湯汲英史氏によれば「1歳前後」から分かるそうです。

そのくらいの時期にこの言葉で教えてあげれば、自分で行動を統制できるように育つと考えて良さそうです。

でもこれは一つの例ですから、

大きくなってからでもそれなりの「言葉」で教えることは大切です。

また、他の場面にも応用できる大事な考え方だと思います。

最後に私のラジオ番組でいつも使っているフレーズを!

子育ては、教えてほめる。
ダメなのは、教えないで叱る。
「子育てエトセトラ」の時間です!

関連講座:講座220「江戸時代の育児書」


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


  1. まき より:

    1歳5か月の息子は、食べる時に「カミカミするんだよ〜」と言うと、手の指をパクパク動かしてカミカミとやりながら食べます。
    ちゃんと言葉が分かっているんだなと感動しました。
    「子育ては、教えて褒める。」良い言葉ですね♪

    • 水野 正司 より:

      「カミカミ」もそうですね!
      行動統制してますね。
      思えばこれらは「畳語」ですね。

  2. みほ より:

    長男が1歳の時に、「だいじ、だいじ?」と聞いてくることがありました。
    「そうだね。だいじだね。」と言いながら、長男と一緒に、そのモノをギュッとしたような気がします。

    他に、「いたい、いたい?」と聞いてくることもありました。
    「お母さん、これは危険なの?」という意味で使っていたんじゃないかなぁと思います。
    故意ではなく、ぬいぐるみを落としてしまった時に
    「いたい、いたい?」
    と聞いてきたこともあります。
    「いたかったかな。一緒にギュってしようか。」って、一緒にぬいぐるみをギュっと抱きしめたような気がします。
    「お母さん、落してしまったよ!わざとじゃないんどけど、やっちゃったよ」
    という意味なのかなぁと思いました。
    これは、行動抑制ではなく、感情の共有をしたかったってことなのかなぁと、
    拝読しながら、ふと思いました。

    • 水野 正司 より:

      1歳で他者(ぬいぐるみ)の気持ちを察することができるってスゴイですよ!
      「心の理論」をクリアしつつあるってことかも知れませんね。
      クリアまでいかなくても、かなり早い時期にクリアするでしょうね。
      言葉を思考の道具として扱っている点では共通していると思います。

  3. タミー より:

    「カミカミ」は使っていましたが、「だいじ、だいじ」は使っていませんでした。
    今日から使います!

    • 水野 正司 より:

      説明不足ですみません。
      「だいじ、だいじ」じゃなくてもいいんです。
      言葉と意識が結びつくっていう感じです。
      ヘレンケラーのお話みたいな感じです。
      その時はいつ来るかわかりません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。