1歳半~6歳(幼児期)

講座242 「バッドワード」への対応

投稿日:

①人を馬鹿にする言葉

②汚い言葉

③卑猥な言葉

④差別的な言葉

これらを「バッドワード」と言います。

幼児は「バッドワード」を耳にすると、意味もわからず使うようになります。

使えば大人が反応するからです。

それが楽しくて強化されます。

ですから出発点は「大人が使わないようにする」ということです。

叱る時は「静かに注意する」ということです。

簡単に「やめなさい!」などと言うと面白がって言うようになります。

静かな顔で、間を取って、場所を替えたりしながら、諭す。

そんな感じでしょうか。

でも、一番大切なのは環境です。

身近にいる大人が使わなければ子どもも上品に育ちます。

バッドワードが飛び交うような家庭だと、必ず子どもも使うようになります。

口にこそ出しませんが、

学校の先生方は子どもの使う言葉を通して家庭環境を見抜いてしまいます。

カナダの学校ではバッドワードを組織的に指導しているそうです。(『発達教育』2021年5月号)

(1)子どもがバッドワードを使うと一回目は教師が注意する。

(2)二回目になると家族を学校に呼び出して問題点を伝える。

(3)三回目からはカウンセラーが子どもに対応するようになる。

凄いシステムですね。徹底してますね。

呼び出されるのは嫌ですから気をつけるでしょうし、

学校にこういう仕組みがあるとわかっていれば入学前から気をつけますよね。

多人種国家だという環境があるので徹底しているのだと思いますが、

「環境づくり」という点で参考になりました。

いずれにしても「バッドワード」はよくない言葉ですので、

子どもの幸せのためにも、

まずは大人が気をつけるべきだと思います。


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


  1. タミー より:

    納得しました。
    2歳半の娘、私の口調そのままです。
    夫と話すときにも、気をつけたいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。