H 幼児教育「黄金の5年間」

講座158 鉛筆の持ち方は幼児期に決まる!

投稿日:

この写真を見て何か気づきますか?

何か変な持ち方だな?と思いますか?

シロウトの人はそう思うかもしれません。

これは全然変じゃありません。

ちゃんと発達しているんです。

今回は鉛筆の持ち方について解説します。

 目 次
1.持ち方の発達段階は三つ
2.持ち方の敏感期
3.正しい鉛筆の持ち方
4.様々な生活経験
5.スプーンの持ち方の発達順序

1.持ち方の発達段階は三つ

【第一段階】握り持ち

出典:『発達が気になる子へのスモールステップではじめる生活動作の教え方』

握って持つ段階です。

「回内握り」と「回外握り」の2パターンがあります。

1歳~4歳までに見られます。

2歳前後を中心に1歳~4歳まで見られます。(参考:『写真でみる乳幼児健診の神経学的チェック法』)

最初の写真の子は「回内握り」ですね。

親指が下になってます。

ちょっと考えると不自然に見えますが、

「握る」という動作をした結果、「回内」か「回外」になってしまうのです。

握ったからにはそのまま書かなきゃ目的を果たせませんからね。

【第二段階】静的三点持ち

「握る」から「持つ」に変わりました。

まだ完璧ではないのですが、なんとなく「3本の指」で持っている感じです。

2歳~5歳までの子に見られます。

【第三段階】動的三点持ち

さっきとどこが違うか分かりましたか?

①指先で持ってます

②親指と人差し指の間に空間ができています。

こうなると、手首を動かさずに鉛筆の先を動かせます。

完成形です。

4歳~6歳の子に多く見られます。

2.持ち方の敏感期

鉛筆の持ち方はいつまでに完成すればよいのでしょうか?

私は小学校1年生を何度も担任してきましたが、

正直に言います。

1年生では直すのがかなり難しいです。

補助器具を使ってみたり、

トランポリンで体幹を鍛えたり、

様々なことを試しました。

でも、私の力では直すことができませんでした。

兵庫県立リハビリテーションセンターの先生に相談したこともあります。

その時に先生から指導していただいたのが「4歳半が敏感期」という教えです。

動的三点持ちは 4歳~6歳の子に多く見られると書きましたが、

この「見られる」という子どもたちは、ちゃんと持てるようになったということです。

その陰には、4~6歳になっても正しく持てないたくさんの子がいます。

そして、私の経験では、6歳を超えて治すのはかなり難しいということです。

だから、現在は次のようにアドバイスしています。

4歳半までに「動的三点持ち」をめざしましょう!

3.正しい鉛筆の持ち方

結果から言えば「正しい持ち方」には次の4ポイントがあります。

①利き手で「天使の輪」をつくる

②三つの指で「3点持ち」をする

③鉛筆の角度は60度

④小指球を紙にくっつける

でも、これは「結果」なのです。

これができていない子は、いくら①~④を言っても、

4ポイントを守るのが難しいのです。

ですから、私が提唱したいのは、

4歳半までに、

【握り】→【静的三点持ち】→【動的三点持ち】というステップで発達できるように仕向けましょう。

ということです。

4.様々な生活経験

そのためには「様々な経験」が必要になります。

普段の生活の中にあるこうした経験が実は「正しい鉛筆の持ち方」に結果としてつながるのです。

その中でも「鉛筆の持ち方」に直結するのが「スプーンの持ち方」です。

スプーンの持ち方も、 【握り】から【持つ】 という順序で発達するからです。

次は「スプーン」について解説していきましょう。

5.スプーンの持ち方の発達順序

①は「握り」ですね。

②は「握り」と「指で持つ」の中間くらい。

③は、「持つ」ですね。

そして、この③の持ち方になるにも「経験」が必要です。

それは「スプーンでかき混ぜる」という経験です。

このことについては、私の尊敬する「持ち方伝道師」の前田昌彦先生の動画をご覧ください。

前田先生は「児童書き方研究所」の師範です。

「持ち方」のスペシャリストです。

ぜひ、他の動画も合わせて参考にしてみてください。      

最後に参考書籍の紹介です。

■“意識高い系”子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。広告は一切ありません。

「ブログの更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-H 幼児教育「黄金の5年間」

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座277 「さかなクン」のフロー体験

今回は、テレビなどで活躍してるいる「さかなクン」の幼児期について解説します。  目 次 1.「泥だんご」クン2.「トラック」クン3.「妖怪」クン4.「タコ」クン5.「ウマヅラハギ」クン 1.「泥だんご …

講座265 遠出≠家族サービス

GWといえば「おでかけ」ですよね。 でもこの「おでかけ」は誰のため?って考えたことありますか? 「おでかけ」は子どものためには良くない場合もあることを頭の隅に置いていきましょう。  目 次 1.赤ちゃ …

講座251 「母子登校」が増えている?

 目 次 1.密着動画2.解説3.なぜ教室に残るのか4.何が起こるか分からない5.コミュニケーションづくり6.日課表 1.母子登校とは何か 「母子登校」というのは、お母さんと一緒じゃないと学校に行けな …

講座250 「朝ご飯」で最も重要な栄養素

「朝ご飯」でもっとも大切な栄養素は次のうちどれでしょう。 ①ブドウ糖 ②ビタミンC ③タンパク質 1.就学時健康診断 「早寝早起き朝ごはん全国協議会」のホームページに朝ご飯の必要性についての説明があり …

講座247 生活習慣形成の基本原則

【問題】トイレ・トレーニングを始めました。おむつをやめてパンツにしましたが、遊ぶのに夢中でパンツを何度も汚してしまいます。この時、お母さんは子どもにどんな言葉をかけたらよいでしょう。 次の中から選んで …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。