0〜18歳【子育ての全体像】

講座140 覚えてますか?「子育て四訓」

投稿日:2021年8月5日 更新日:

親子の関係性をシンプルに示した名言です。

秩父神社の薗田稔氏が唱えた『親の心得』が原典だと言われています。

今回は「子育て四訓」の解説です。

 目 次
1.乳児期~少年期の親子関係
2.思春期の親子関係
3.思春期「5つの特徴」
4.心でつながるには?

1.乳児期~少年期の親子関係

乳児はしっかり肌を離すな。

これは乳児期の親子関係を表す一文です。

「スキンシップ=愛着形成」ですね。

幼児は肌を離せ、手を離すな。

幼児期の親子関係です。

歩けるようになってますから「下におろす」段階ですね。

でもまだ愛情が必要ですから「付かず、離れず」ということですね。

少年期に入って、手が離れます。

学校に行って友だちと遊ぶようになり、生活範囲が広がります。

でもまだ子どもですからね。手から離れても、親は、

「何をしているのか」を把握していなければなりません。

それが、

少年は手を離せ、目を離すな。

です。

2.思春期の親子関係

ということで、思春期(青年期)はどうなりますか?

ここが今回の本題です。

3.思春期「5つの特徴」

講座135で、思春期「5つの特徴」を解説しました。覚えてますか?

その4つ目は何だったでしょう?

こんな感じです。

その4は、「素直になれない」です。

反抗期と言ってもいいでしょう。

親に見られただけでもムカッとしたりします。

口に出したら余計です。

そんな時期ですから、「子育て四訓」の四つ目はこうなります。

青年は目を離せ、心を離すな。

少し寂しいのですが、そういう時期を通るのはダメなことではありません。

「そういう時期なんだ」ということですね。

4.心でつながるには?

じゃあ、目を離して心を離さないって、どうすればいいのでしょう?

これは私の考えなのですが、

➀余計なことをしない。
②淡々と当たり前のことをし続ける。

それがいいように思います。

たとえば「食事を作る」って当たり前のことですよね。

思春期でも腹がへります。

一緒のテーブルで食べる機会はなくなるかも知れませんが「食べること」は必要でしょう。

思春期にはこうした「当たり前のこと」が愛情になります。

「食事を作ってあげる」「洗濯をしてあげる」「送り迎えをしてあげる」…。

直接的なコミュニケーションは少なるかもしれませんが、

「何かひとつ」のことでつながっていれば、それが「心を離すな」になる

と思うのです。

私の子育て講座ではいつも東京ガスのこのCMを紹介させていただいてます。

ご存知ない方はぜひご覧ください。

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-0〜18歳【子育ての全体像】

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

講座296 「幸せの子育て」総まとめ

乳児期(0歳~1歳半):「赤ちゃんらしさ」を大切に!幼児期(1歳半~6歳):「幼児らしさ」を使い切らせる!児童期(6歳~12歳):「子どもらしさ」を発揮させる!思春期:(12歳~18歳):「思春期らし …

講座294 「思春期らしさ」って何?

18歳で成人ですから子育ては18歳で終了です。 「長いようで短い」と言われますが、これは「後から考えればあっという間だった」ということでしょう。 赤ちゃんを育てている時は一日が長く感じられたのではない …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。