1歳半~6歳(幼児期) 6~12歳(児童期) 正しい叱り方

街で見かけた理不尽な叱り方・序章

投稿日:2020年12月27日 更新日:


フードコートで、母親が、

「てめーこぼすなよ!」

と、2歳ぐらいの子に言っていました。

いや、無理でしょ!


ありますねー。

私もよく見かけます。

悲しいですよねー。

でも、いつも私は、

どうすることもできないままなんです。

それがどうしてダメなのかを

伝えてあげることができないまま、

生きてきました。

そして、ある時、答えを見つけました。

直接が無理なら間接的に伝えればいいじゃないか!

そのお母さんに伝えることができなくても、

そういう親が一人でも少なるように、

世の中に伝えて行けばいいじゃないか!

そう考えて、

「子育て」に関する勉強だけを始めました。

「だけ」というには、わけがあります。

私は33年間、学校の教員をしてきました。

教員時代は、いろんなことを勉強しました。

教師って、いろんなことを勉強しなきゃならないんです。

「明日の工作の準備をどうしようか!」

「今後、世界情勢はどうなっていくのだろうか?」

「教室に右足から入るか左足から入るか?」

「宴会の席ではどこにに座り、どのように振舞うべきか!」

「チョークはどのメーカーがいいか?」

「子どもの長靴の中は濡れていないか?」

「勉強すること」によって、そういうスキルを身につけてきました。

でも、ある時、限界を感じたんです。

何の教科だったかは忘れましたが、6時間目の授業の時でした。

「ああ、疲れたなあ」と思って、

休むために椅子に座ったのです。

まだ授業の途中です。

「自分が休むために」椅子に座ったのです。

ハッとしましたね。

授業者としてはマイナスの行為なんです。

視界が狭まるからです。

困っている子の表情とかが見えなくなるんです。

それで、あきらめましたね。

「もういいや」って。

それで、教師としていろんなことを勉強するのをやめて、

残りの人生をどう生きるか決めました。

「子育て」については、けっこう勉強していたので、

「子育てだけ」に的を絞ろうと決めたんです。

それで、教師を辞めて、こんな活動をしているというわけです。

活動する中で、様々な人と出会いました。

現役子育て世代の仲間も出来ました。

仲間といっしょに「子どもの事実」に基づいて、

様々なチャレンジをしています。

子育ての全体構造図」はその成果の一つです。

そして今は、「理不尽な叱り方」について調査・研究中です。

2歳児に対する「てめーこぼすなよ!」は、

その最初の事例なんです。

これがどうして駄目なのか。

他にどんな事例があるのか。

お正月明けに公開していきたいと思います。

皆様、良いお年を!

今年の出会いに感謝しつつ。

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-1歳半~6歳(幼児期), 6~12歳(児童期), 正しい叱り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。