B 愛のスキル・愛の性質

講座17 テツ君のお母さん

投稿日:

 目 次
1.我が子がいじめられたら?
2.ABCどのタイプ?
3.テツ君のお母さんの対応
4.お母さんの対応をひとことで表すと
5.ピンチとチャンス
6.「失敗したっていいから」

1.我が子がいじめられたら?

テツ君は小学校2年生です。

クラスの子から「あしに汚いものつけている!」と言われ、

泣きそうになって帰って来ました。

こんな時、あなたが親だったらどうしますか?

2.ABCどのタイプ?

【母A】親に電話

【母B】先生に電話

【母C】ネットで調べる

どれもありそうですよね。

あなたが親だったどうしますか?

実は、テツ君のお母さんはABCどのタイプとも違ったのです。

テツ君のお母さんは、AでもBでもCでもない対応をしました。

これは実際にあった出来事です。

どんな対応だったと思いますか?

3.テツ君のお母さんの対応

テツ君のお母さんはどんな対応をしたか。

そのことをテツ君が作文に書いてコンクールで賞をとりました。

その作文を動画でご覧ください。(音を消して字幕で読むこともできます)

4.お母さんの対応をひとことで表すと

AもBもCも「大変だ!」「事件だ!」と考えて対応しましたよね。

ところがテツ君のお母さんは「あっけらかん」としていました。

「相手の親」や「学校」や「アザの治療」ではなく、

「テツ君」を相手に話し出しました。

この対応は何だと思いますか?

5.ピンチとチャンス

ABCの母親たちはこの事件を「我が子のピンチ」だと考えました。

それに対して、テツ君のお母さんは、

たいしたピンチではない。

乗り越えさせるチャンスだ。

と考えました。

もっと深掘りしましょう。

ABCの母親たちは、相手を攻撃したり、二度と起こさせないような手を打ったりしました。

つまり、

子どもの「つまずき」をできるだけ無くそうとする対応

です。

それに対してテツ君のお母さんは、

子どもがつまずくのは当たり前だ。

子どものうちに小さなつまずきをできるだけ経験させた方がいいと考えたのです。

つまり、

子どもは「小さなつまずき」をたくさん経験して大人になり、
それがあってこそ「大きなつまずき」を乗り越えられる。

という考え方です。

このような考え方を「教育観」と言います。

テツ君のお母さんは他のお母さん方とは教育観が違ったのです。

6.「失敗したっていいから」

向山洋一先生はテツ君のお母さんを絶賛しました。

「アザがあること」「笑われたこと」を逆手にとって、それを強さに変えた。

多少のことで、うろたえずに、どーんと構えて受けとめた。

そして、信頼を勝ち取った。

そのように解説され、私たちに大切なスキルを提示してくださいました。

そのスキルとは、

小学生になったら10のうちの1つくらいは自分で決めさせる。

ということです。

そして、その時の大切な言葉として、

失敗したっていいから!

と言ってあげる。

「失敗したっていいから!お母さんがついてるから!」

そういう励ましです。

このスキルはとても分かりやすいですよね。

小学校一年生で「10のうち1つ」

二年生で「10のうち2つ」…

とやっていくと中学3年生では「10のうち9割は自分で決める」となります。

とっても分かりやす目安ですね。

これを使えば「干渉し過ぎ」「心配し過ぎ」は防げます。

「失敗したっていいから!」

この言葉にまさる「励ましの言葉」はないと思います。

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-B 愛のスキル・愛の性質

執筆者:


  1. […] 講座17「テツ君のお母さん」でのテツ君の作文を覚えていますか? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座289 子どもが元気を失う時

三重県の小学校でPTA会長をされていた安藤大作さんが子どもたちにアンケートをとりました。 Q:どういう時に元気がなくなりますか? さて、子どもたちはどんな回答をしたと思いますか? 今回はこのことについ …

講座244 あなたは優しい親ですか?

 目 次 1.子どもに無関心2.医師や看護師の仕事3.教師の仕事4.逆でもいい5.子育てスキルのシェアリング 1.子どもに無関心 私は優しくない親でした。 自分の子であれ、他人の子であれ、子どもに接す …

講座231 愛着形成の先に待っていること

森のようちえんこだま Mさんからの報告です。 ■「森のようちえんこだま」という、親子で自然体験をする会に参加している。 その中で、「冒険こだま」という、 他の参加者は親子で参加する中を「一人だけで」活 …

講座171 赤ちゃん返りを受け入れる

Aさんからの投稿です。 小6の息子と小2の娘は、学校や外で大人に「頼りにしている」「しっかりしている」などと褒めていただくこともある、普通の小学生である。 しかし、(ここだけの話)家に帰ると各々赤ちゃ …

講座152 幸福な家庭をつくる7原則

このタイトルを見て、「どこかで聞いたことがあるなあ」と思った方もいるはずです。 そうです。あの名著、デール・カーネギーの『人を動かす』の中に出て来る7原則です。 え?知らなかった…という方は、ぜひ!こ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。