B 愛のスキル・愛の性質

講座16 驚いてあげる劇場!

投稿日:

いきなり問題です!

「お母さん!お団子できたよ!」

と言って、女の子が「砂で作ったお団子」を持って来ました。

ところがその子のお母さんはこう言いました。

「何やってるの!汚いわね!」

そして、女の子の頭を軽くコツンと叩きました。

その途端、女の子は「えーん!」と大泣きしてしまいました。

お母さんは言いました。

「何さ!そんなに痛くもないのに大袈裟に泣いて!」

そこで問題です。

問題:このお母さんの対応は間違っています。どこが間違っているのでしょうか?

どうですか?

明確に答えられますか?

「明確に」ですよ。

実はこのお母さんは二重の意味で間違っています。

ですから答えは「二つ」あります。

第一の間違いと、第二の間違いがあります。

一つ目。

これはわかると思います。

我が子が作った泥団子を「お団子」として受けとめてあげなかった

ということです。

砂で作ったお団子だとわかっていても受けとめるのが正解ですよね。

二つ目。

我が子が泣いてしまったのは痛かったからではない

ということです。

そうですよね。

受け取ってもらえると思った「お団子」を否定されたから泣いたんですよね。

痛くて泣いたのではなく、悲しくて泣いたのです。

ショックを受けたと言ってもいいでしょう。

二重の悲しみのために泣いたとも言えます。

今の問題はひとつの例ですが、

こういうことって日常的にある話です。

20代後半になるとヒトの脳は完成されます。

大人の都合、大人の理屈、大人の世界が理解できます。

しかし、子どもは違います。

「人間脳」が未完成です。

理屈よりも感情が大きな意味を持ちます。

だからこそ「受けとめてあげる」「驚いてあげる」が必要なのです。

子どもは、その結果の信頼、安心をもとに人間脳を発達させます。

では、最後にまとめです。

今回は久しぶりに動画でまとめをしてみようと思います。

「驚いてあげる」の実演をお見せします!

ヘタクソな演技ですがお楽しみください!(^^)/

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-B 愛のスキル・愛の性質

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座289 子どもが元気を失う時

三重県の小学校でPTA会長をされていた安藤大作さんが子どもたちにアンケートをとりました。 Q:どういう時に元気がなくなりますか? さて、子どもたちはどんな回答をしたと思いますか? 今回はこのことについ …

講座244 あなたは優しい親ですか?

 目 次 1.子どもに無関心2.医師や看護師の仕事3.教師の仕事4.逆でもいい5.子育てスキルのシェアリング 1.子どもに無関心 私は優しくない親でした。 自分の子であれ、他人の子であれ、子どもに接す …

講座231 愛着形成の先に待っていること

森のようちえんこだま Mさんからの報告です。 ■「森のようちえんこだま」という、親子で自然体験をする会に参加している。 その中で、「冒険こだま」という、 他の参加者は親子で参加する中を「一人だけで」活 …

講座171 赤ちゃん返りを受け入れる

Aさんからの投稿です。 小6の息子と小2の娘は、学校や外で大人に「頼りにしている」「しっかりしている」などと褒めていただくこともある、普通の小学生である。 しかし、(ここだけの話)家に帰ると各々赤ちゃ …

講座152 幸福な家庭をつくる7原則

このタイトルを見て、「どこかで聞いたことがあるなあ」と思った方もいるはずです。 そうです。あの名著、デール・カーネギーの『人を動かす』の中に出て来る7原則です。 え?知らなかった…という方は、ぜひ!こ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。