0~1歳半(乳児期) 1歳半~6歳(幼児期)

講座16 驚いてあげる劇場!

投稿日:2021年7月9日 更新日:

いきなり問題です!

「お母さん!お団子できたよ!」

と言って、女の子が「砂で作ったお団子」を持って来ました。

ところがその子のお母さんはこう言いました。

「何やってるの!汚いわね!」

そして、女の子の頭を軽くコツンと叩きました。

その途端、女の子は「えーん!」と大泣きしてしまいました。

お母さんは言いました。

「何さ!そんなに痛くもないのに大袈裟に泣いて!」

そこで問題です。

問題:このお母さんの対応は間違っています。どこが間違っているのでしょうか?

どうですか?

明確に答えられますか?

「明確に」ですよ。

実はこのお母さんは二重の意味で間違っています。

ですから答えは「二つ」あります。

第一の間違いと、第二の間違いがあります。

一つ目。

これはわかると思います。

我が子が作った泥団子を「お団子」として受けとめてあげなかった

ということです。

砂で作ったお団子だとわかっていても受けとめるのが正解ですよね。

二つ目。

我が子が泣いてしまったのは痛かったからではない

ということです。

そうですよね。

受け取ってもらえると思った「お団子」を否定されたから泣いたんですよね。

痛くて泣いたのではなく、悲しくて泣いたのです。

ショックを受けたと言ってもいいでしょう。

二重の悲しみのために泣いたとも言えます。

今の問題はひとつの例ですが、

こういうことって日常的にある話です。

20代後半になるとヒトの脳は完成されます。

大人の都合、大人の理屈、大人の世界が理解できます。

しかし、子どもは違います。

「人間脳」が未完成です。

理屈よりも感情が大きな意味を持ちます。

だからこそ「受けとめてあげる」「驚いてあげる」が必要なのです。

子どもは、その結果の信頼、安心をもとに人間脳を発達させます。

では、最後にまとめです。

今回は久しぶりに動画でまとめをしてみようと思います。

「驚いてあげる」の実演をお見せします!

ヘタクソな演技ですがお楽しみください!(^^)/

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-0~1歳半(乳児期), 1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座303 「おっぱい」の迷信

 目 次 1.胸の大きさは関係ない!2.赤ちゃん主導の授乳3.吸啜刺激とプロラクチン4.望ましい授乳回数 1.胸の大きさは関係ない! いや、知りませんでした! 胸の大きいお母さんの方がおっぱいがたくさ …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。