講座116 超一流の人の子育て

1.「世界のカンダ」・神田啓治先生

神田啓治先生をご存知ですか?

京都大学の名誉教授で、通産省、科学技術庁、厚生省、国際原子力機構などで様々な役職に付き、その世界では「知らない人はいない」というくらい有名な方です。

でもこれは日本での肩書ですよね。

実は、神田先生は「世界のカンダ」と呼ばれるくらい国外でも有名な方なんです。

アメリカの大富豪・ロックフェラー家のロックフェラー四世とお友だちだったり、

フランスから国家功労勲章をもらっていたり、

国際的に活躍されています。

あの指揮者の小澤征爾と肩を並べるほど音楽の世界でも有名だったのですが、

「小澤征爾には勝てないと思って指揮者をやめた」というくらいです。

話を日本に戻すと、様々な大臣の相談役にもなっていて、政治にも詳しい方です。

「現職の大臣から相談が来る」ってすごくないですか!

NHKから話が来た時は、「紅白歌合戦のプロヂューサーをやらせてくれますか?それなら行きます」と答えてオッケーが出たというのですから凄いですよね(実際は行かなかったそうですけど)。

もちろん勉強の成績もよくて、高校時代は学年トップで、全国模試では上位の常連だったと言います。

でも、東大は蹴っちゃって、国際基督教大学に進学します。

そこから英会話の勉強に力を入れられています。

私はご講演を三回ほど受けました。

宴席では二回ほどご一緒させていただきました。

まったく堅苦しくなく「気さくなオジサン」という感じの、笑顔が絶えない方でした。

その神田先生の「子育て」に関する事例を3つ紹介します。

※この記事は実際の子育て講座で実施している内容を含むため続きは有料となります。

続きをみる

水野 正司

子育て応援クリエイター:「人によし!」「自分によし!」「世の中によし!」の【win-win-win】になる活動を創造しています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。