正しい叱り方

講座117 街で見かけた理不尽な叱り方・第5話

投稿日:2021年6月5日 更新日:

 目 次
1.友だち言葉
2.子育て言葉
3.子ども同士だったら?
4.「友だち言葉」の問題点
5.まとめ

1.友だち言葉

公園で母親は足を組んでベンチに座り、小学3年生くらいの女の子が高めの鉄棒にぶら下がったものの、さかあがりができない。

母A:「うそでしょ?さかあがりできなくなってんじゃん。ふざけないでちゃんとやれよ。

このお母さんは子どものことを考えていないお母さんです。

三つの言葉を連続して言っていますが、どれも「子育て言葉」ではありません。

「うそでしょ」は予想外のことが起きた時に出て来る「友だち言葉」です。

ママ友同士などの友だち同士の会話で使われる言葉ですね。

「できなくなってんじゃん」も「友だち言葉」です。

自分の子どもに向けて使うと、どこか不自然ですよね。

第三者はその不自然さに気づきますが、このお母さんはそれに気づいていないのでしょう。

「ふざけないでちゃんとやれよ」

最後まで「友だち言葉」です。

「子育て言葉」と、どう違うのか考えてみましょう。

2.子育て言葉

我が子が逆上がりで失敗した場面ですよね。

普通ならどんな言葉をかけるでしょう。

「あれ?できなくなっちゃったね」とか、

「もう一回やってごらん」とか、

受け止めたり、励ましたりする言葉を使うのではないでしょうか?

これが「子育て言葉」です。

「子育て言葉」は大人から子どもにかける言葉です。

たとえ他人であっても、大人は子どもに対して教育的に接するものです。

赤の他人が逆上がりが出来ない子に対して「うそでしょ」とは言わないですよね。

大人は子どもに対して教育的に接するものです。

ここをもっと深掘りしていきますよ。

3.子ども同士だったら?

子ども同士だったらどうなると思いますか?

子どもたち同士で鉄棒をやっていて、一人が失敗した時に、どんな言葉をかけると思いますか?

「うそでしょ」と言うと思いますか?

多分、ほとんどの場合は励ますと思います。

「○○ちゃん、がんばれ!」とか、

「できるよ、できる!この前出来たじゃない!」とか。

子ども同士の会話って案外教育的なんです。

もし、「うそでしょ」と言ったとしても、それは「励ます」意味で使うはずです。

「うそでしょ。この前出来たじゃん!やればできるよ!」みたいに。

ですから、子ども同士での会話は「子育て言葉」と同じ性質だと私は思っています。

暗黙のうちに、お互いが「子ども」であるということを認知しているのです。

「子どもなんだから出来なくても仕方ない」とか、

「子どもなんだから成長の途中なんだ」とか、

子ども同士で認め合っていると思うのです。

4.「友だち言葉」の問題点

先ほど次のように書きました。

大人は子どもに対して教育的に接するものです。

たとえ知らない子であったとしても、自分が大人だったら「教育的」に接するものです。

子どもは「地域の宝」「社会の財産」ですから、社会全体で育てましょうというのが社会常識です。

教育基本法にも書かれています。

第十三条 学校、家庭及び地域住民その他の関係者は、教育におけるそれぞれの役割と責任を自覚するとともに、相互の連携及び協力に努めるものとする。

これは「すべての大人には教育者としての責任がある」という意味だと思います。

これが、逆上がりが出来ない子に対して「うそでしょ」とは言わない理由です。

それなのに、親であるAさんは我が子の失敗に「うそでしょ」と友だちのように軽く言いました。

決して悪気はないのだと思います。

友だち感覚なのだと思います。

我が子であるがゆえに友だち感覚になってしまいやすい

ゆえに、親としての意識は思った以上に必要なのです。

そうしないと、赤の他人よりも、子どもたち同士よりも、教育的価値が下がってしまうのです。

これが「友だち言葉」の問題点です。

5.まとめ

整理します。

大人は子どもに対して教育的に接するものです。

このことはわかりましたよね。

ところが、同じ大人でも「親」という大人は、身近であるがゆえに軽く接してしまう危険性があるわけです。

母A:「うそでしょ?さかあがりできなくなってんじゃん。ふざけないでちゃんとやれよ。

第三者から見て「何か不自然だな」と感じたのはそういうことです。

子どもは大人ではありません。

成長途中です。

親は大人です。

子どもの友だちではありません。

それは、自分の子にとってこそ自覚しなければならない点なのです。

第十条 父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。

日本の社会はこの第十条を具体化できずにいます。

「子育ての仕方」を学校教育で扱っていないのがその根拠です。

「子育ての仕方」を教えられずに親になってしまうのですから、Aさんだけを責めるわけにはいきません。

私はそう考えてこの活動をしています。

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-正しい叱り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座351 育児の三層構造

講座350「余裕がないと叱ってしまう?」へのコメントをたくさんいただきました。 ありがとうございます。 今回はその中からタミーさんのコメントを紹介させていただき、私の考えを付け加えてみたいと思います。 …

講座350 余裕がないと叱ってしまう?

本やブログを読めば「イイコト書いてるなあ」とか「そうかも知れないなあ」と思うでしょう。 でも、実際の場面になったら叱ってしまうかも知れません。 それでもっと詳しい解説をしようと思って講座347「怒る」 …

講座347 「怒る」はダメ!「叱る」はいい?

講座346で、まだ青いイチゴをもいで来てしまった女の子の話をしました。 こういう時の「正しい対応」は一つです、というお話をしました。 その時に読者の方からこんなコメントをいただきました。 大切なことは …

講座346 「正しい対応」は一つ

ある日のことです。 2歳のお子さんが、ベランダからまだ青いイチゴを勝手にもいで来ました。 お母さんにイチゴを見せて「これ大きい!」「これ小さい!」と言っています。 それはその子が初めて「大小」を学んだ …

講座329 子育ては世代間伝達する

池田沙幸さんからいただいたコメントです。 仲の良いお母さんとお話しをしていて感じたことです。どうやら、お母さん方は「叱る」ではなく「怒る」ことが多いようです。特に小さいお子さんがいるご家庭は、お母さん …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。