D 怒らずに済む正しい叱り方

講座78 街で見かけた理不尽な叱り方・第4話

投稿日:2021年2月12日 更新日:

ユニクロで、地べたに座って泣いている女の子がいました。

母親は完全無視で、イライラしながらあちこちの服を見ていました。

しばらくすると、買い物カートを持っている父親が抱き上げていましたが、どうしてすぐに抱っこしないのかなあ…と思いました。

1.意地悪

これも「ありがち」ですね。涙

このお母さんは「わざと」なんです。

「イライラしながら」というのは、女の子が泣いているのを知っているということです。わざと意地悪でやっているんですね。

店で泣いているオマエが悪い!

あるいは、

言う事を聞かないからこういう目に遭うんだ!

そういう「こらしめ」なんだと思います。

それであまりもかわいそうなのでお父さんが助けたというわけです。

2.どうしてすぐに抱っこしないのか

多分、PTSD(心的外傷)についての知識がないのでしょう。

分類するならこれは、

「教育的虐待」にあたります。

言ってる意味わかります?

以前に紹介した「ダメな叱り方トップ12」の中の第2位です。

第2位 ~のつもり

つまり「しつけ」のつもりなんです。

「自分は悪いことはしてない!」

「コイツが悪いんだ!」

そういう考え方です。

これのどこが問題なのか知っていますか?

四つありますよ。

「~のつもり」:四つの落とし穴

①気づかない
②力が入る
③くり返される

「しつけのつもり」なので本人(親や教師)は気づきません。

良いことだと思っているので力が入ります。

良いことなので何度もくり返されます。

そして、決定的なのは最後の「四つ目」です。

知っていますか? 気がつきましたか? 憶えていますか?

子供は自分を責める

これを忘れてはいけません。

「指導する側」と「される側」

指導される側は「自分に問題があるんだ」「自分がダメだった」と思います。

泣いているこの女の子も「お母さんを怒らせた自分が悪いんだ」と自分を責めます。それが基本的な子どもの思考なのです。

そして、この時、脳が傷つきます。

正確にいうと、脳の中の偏桃体(赤い部分)が縮小します。

いじめに遭った子に共通して見られます。

PTSD(心的外傷)は本当に「外傷」なのです。

3.「~のつもり」の課題

この「~のつもり」には課題があります。

「PTSD」「教育的虐待」などと大袈裟な名前が付いていますが、

簡単に言えば「ストレス」です。

ストレスと外傷や虐待はどこが違うのか?

その境目は曖昧です。

これが「~のつもり」の課題(弱点)です。

ですから指導する側(親や教師)は、意識して子どもに接しなければなりません。

意識していなければ「四つの落とし穴」にはまりやすいのです。

ACEと呼ばれるアメリカの研究結果があります。

子ども時代の逆境体験がその後の人生にどんな影響を与えるかという研究です。

その追跡研究結果が画面のピラミッドです。

幼少期のつらい体験は子どもを不幸にする。

このことは、すでに科学的に明らかになっています。

「しつけのつもり」「指導のつもり」は、

子どもを幸せにするどころか不幸にしてしまう。

そういう側面があることを私たち大人は知っておくべきです。

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-D 怒らずに済む正しい叱り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座240 指ヨガ

心を落ち着かせる簡単な方法をご紹介します。 「Take5 Breathing 」(テイク5呼吸法)と言います。 これがやり方です。 https://childhood101.com/take-5-br …

講座142 「対応力」のヒミツ

Kさんからの報告です。 1歳8ヵ月のM君のトイレトレーニング。 よかれと思ってを流すところを見せました。 そしたら、その後、色んな物を便器に入れるようになったそうです。 ある日の「水没事件」の記録 ■ …

祝・発刊『叱り方大全・怒らずに済む正しい叱り方』

Amazon から新しい本を出版いたしました! 今回はこの本の簡単な紹介と私の過去について書きます!(^^)/  目 次 1.20年前の叱り方2.年に何回叱るか3.新著『叱り方大全』について 実は私は …

講座127 イライラ沼・イライラ妖怪

Bさんからの報告。 歯医者にて…。 隣の女の子。ずーっと泣いていて治療ができないでいる。 お母さん:「約束してたよね?ゲームなしだよ。おやつもなし」 お母さん:「もう今日治療するしかないんだよ」 お母 …

講座126 見守ることができない親

Sさんからの報告。 YAMAHA音楽教室での出来事。1歳児から3歳児が楽しくリズムステップなどをする。 レッスン中、話しかけてちゃんとやらせようとするお母さんがいる。 しっかりやらせたいお母さんは、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。