講座65 「教え方」は家庭教育でも必要になる!

さて、前回の「感謝の手紙」には秘密がまだあります。

しかも、重要な、有料級の秘密です!

 入学前の子が「ひらがな」や「カタカナ」を使っていますよね。

 珍しいことではないかも知れませんが、よく見てください。

 字が割と整っていますよね。

 「い」も「り」もちゃんとはねていますし、

 「つ」や「の」などのカーブもきれいに書けています。

 しかも、写真では分かりませんが「書き順」も正しいはずです。

 その理由は、このお母さんが「教え方」を持っているからです。

 目 次
1.「最初」にさせること
2.教材によって全く違う!
3.子どもの第一行動
4.まとめ

※この記事は実際の子育て講座で実施している内容のため続きは有料となります。

続きを見る

水野 正司

子育て応援クリエイター:「人によし!」「自分によし!」「世の中によし!」の【win-win-win】になる活動を創造しています。

おすすめ

1件の返信

  1. 浅尾 三吉 より:

     「講座65」読みました。
     納得できます。
     「指書き」の重要さを再度確認できました。

     「子育てWIN3計画」を、友人に勧めました。
     4児のお母さんで、今年教員採用試験に受かった方です。
     これらの講座、きっと役立ててくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。