1歳半~6歳(幼児期)

講座64 「みるみる教育」風呂上がりに届いた感謝の手紙

投稿日:2020年12月20日 更新日:

長男(年長)と次男(1歳)を育てているお母さん(Kさん)からの報告です。

Kさんは次男とお風呂に入っていました。

お風呂から上がると、こんなものが届いていました。

「イつもママあそんでくれてありがとう」

「いつモママのごはんオイしいよ」

 長男から届いた、突然の手紙。

 「覚えたて」の字で書いた、感謝の手紙。

 お母さんがお風呂に入っている間に、

 いっしょうけんめい書いたんでしょうね。

 こんな手紙を突然もらったら、感動ですよね!

 でも、よく見てください。

 この手紙には不思議な点があるのです。

 「イつも」「いつモ」「オイしいよ」「ハじメより」

変な所にカタカナが混じっているのです

 今日はこの手紙の秘密についてお伝えします。

 目 次
1.カタカナ混じりの秘密・その①
2.カタカナ混じりの秘密・その②
3.幼児教育の4パターン
4.本能的に察する
5.まとめ

1.カタカナ混じりの秘密・その①

 実は最近、カタカナの練習をやり始めたところだったのです。

 それで、覚えているカタカナを使ってみたというわけです。

ここでみなさんに質問です!

 我が子からこんな手紙をもらったとして、次のうち、どの反応をしますか。

「ありがとう!お母さんうれしいわ!」と言うだけ。
「ありがとう!お母さんうれしいわ!」と言う+間違った使い方を指摘する
「ありがとう!お母さんうれしいわ!」と言う+カタカナを使ったことをほめる

 もう決まってますよね。

 これは「C」ですよね。

 なぜ「C」なのか理由も言えますか?

人間は獲得した能力を試してみたくなる

 これですね。

 自転車に乗れるようになったら、自転車を乗り回す。

 ハイハイができるようになったら、ハイハイをしまくる。

 たし算ができるようになったら、「問題出して!」と言う。(ここで出来ないような問題を出すのはタブーですよ!)

 そういうことです。

満足するようにその能力を使わせてあげる

使っている場面をとらえてほめてあげる

自分から使うなんて「すごい!」と言ってほめてあげる

 こういうことが大切なんですね。

 だから、間違いを指摘するのはいけません。

 カタカナが混じっていることをほめてあげるのが大切なんです。

2.カタカナ混じりの秘密・その②

 秘密はまだあります。

 疑問に思ったことは他にありませんでしたか?

 ヒントを出します。

 この子は「年長」でした。まだ小学生ではありません。

 そうです。

 カタカナは小学校で習うものなのに、もう使っている!

 ここが少し疑問ですよね。

 ではまた、みなさんに問題です!

 このお母さんは、次のどちらのタイプでしょう。

A 学校に上がる前にカタカナを身につけさせたいと考えた
B 身につけさせたいとは考えていなかった

 AとBでは大きく違います。

 このお母さんは「B」です。

 そんなことは考えていなかったんです。

3.幼児教育の4パターン

 幼児期の教育には次の4パターンがあります。

(1)母:教えたい!    子:やりたい!
×(2)母:教えたい!    子:やりたくない!
○(3)母:その気はなかった 子:やりたい!
×(4)母:その気なし    子:やる気なし

 (2)は最悪ですね。
 子どもは「やりたくない!」のに、親が無理やり教えるパターンです。
 学校に行く前から勉強が嫌いになっちゃいますね。

 (4)はどうでしょう。

 親に「その気」がなくて、子どもにも「やる気」がない。
 これはある意味「当たり前」ですが、幼児期という機会を考えると×です。
 なぜなら、幼児期の教育が「人生のその後を決定づける」ことは科学的に明らかになっているからです。この期間に積極的な教育を「受けた子」と「受けなかった子」とでは、人生における幸福度に、はっきりとした格差が生まれます。

・機会を与えてみる
・環境をつくってみる
・体験させてみる
・様子をみる

 といった「みるみる教育」は想像以上に重要です。

 こうした「みる」がないと、

 ×(4)母:その気なし 子:やる気なし

 で幼児期が終わってしまいかねません。

 そういう理由から(4)は×なのです。

 では、(3)はどうでしょう。
 最初、お母さんには「その気はなかった」のです。
 でも、子どもが「やりたい!」となったのでやらせてみた。

 機会を与えてあげたんですね。「みるみる教育」です。

子どもが興味を持ったならば、その環境を整えてあげる。

 これは最高のパターンです。
 なぜなら、子どもが「自分から」興味を持ったからです。 

自分から興味を持ち、やれる環境を作ってもらい、やることが叶う。

 自主性・主体性を伸ばす最強パターンですね!

「風呂上り」に手紙をもらったお母さんは、我が子がカタカナに興味を持ったようなのでカタカナの練習帳(ドリル)を買ってあげました。

 そうしたら自分からやり出したのです。
 カタカナを使ってみたくなったのです。
 感謝の気持ちとともに、手紙を書いたのです。

 これは偶然と言えば偶然ですが、子どもの成長の後ろには、こうした仕組みが隠されているものです。

 ・カタカナ表を部屋に貼ってあげる
 ・お風呂にカタカナ表を百均で買う
 ・カタカナが書かれた積み木を選ぶ
 ・興味を持ったタイミングで片仮名ドリルを買ってあげる

 こうした「環境」を作ってあげるかどうかがその子の将来に影響します。

4.本能的に察する

 (1)の解説をまだしていませんでした。

(1)母:教えたい!  子:やりたい!

 これは理想的なように見えますが注意が必要です。

 (3)が最高最強だったのは子どもの自主性・主体性が育つからでした。

 ですから(1)の場合も、子どもから「やりたい!」が出たのなら最高です。

 しかし、そうじゃない場合もありますよね。

 親の方から「教えたい!」を出す場合です。

 この気持ちが強過ぎると、子どもは仕方なく従う場合があります。

 子どもにとって親は自分が生きるために不可欠な存在です。
 動物的・本能的に自分を守ります。
 親が口にしなくても、心の中で思っただけで影響します。

 ましてや、

「これやってみない?」

 などと口にした場合には、自分の気持ちとは無関係に従う場合が少なくないのです。

 これは意識の問題ではありません。
 動物的・本能的にそうなるのです。

 極端な例になりますが、たとえ親から虐待を受けても、子どもは「親を心配させまい」としたり、「お母さんが好き」と言ったりします。

 親子の絆というのは意識や行動や理屈を超越しています。親がストレスを抱えていると、子どもは無意識のうちにそれを察する。そういうものなのです。

 ですから、どっちが先に「やりたい!」と言ったのか、思ったのかは重要な問題なのです。

 順位をつけるとしたらこんな感じです。

【第1位】親が思ってもいなかったのに「やりたい!」と言った場合
【第2位】(該当なし)
【第3位】(該当なし)
【第4位】親が思っていただけなのに「やりたい!」と言った場合
【第5位】親が口にしたら「やりたい!」と言った場合

 (3)が「最高最強」だというのがここからもわかりますね。

 そして、気をつけなければいけないのは、親が思っていたり、口にしたりした場合の「やりたい!」は100%本当の「やりたい!」ではない場合があるという点です。そこを頭の隅に置いて、「やらせてみる」というのが私の考える「みるみる教育」です。

 ですから、もしやらせてみて何か違和感を感じたら、「無理をさせない」という選択肢も用意しておいた方がいいでしょう。

 それで(1)は△印だったわけです。

(1)母:教えたい!    子:やりたい!
×(2)母:教えたい!    子:やりたくない!
○(3)母:その気はなかった 子:やりたい!
×(4)母:その気なし    子:やる気なし

5.まとめ

 だからと言って(1)が悪い方法だというわけではありません。
 親として子どもに「教えたい!」と思うことはありますよね。
 あって当然だと思います。

 ですから、そういう時は、その感情をなるべく抑えて、子どもに気づかれないように、さも子どもの方から「やりたい!」と言い出したかのように工夫すればいいのです。

 子どもは誰でも「可能性」という芽を持っています。

 子どもの「やりたい!」が芽を出すような環境を作ればいいのです。
 (水をあげたり、温度をあげたり、肥料をあげたり…)

 そして、そんな工夫をしなかったのに自分から「やりたい!」が出て来た時には、それこそ大切に育ててあげましょう!

 そうすれば、我が子から「感謝の手紙」が届くかもしれませんよ!

-1歳半~6歳(幼児期)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。