1歳半~6歳(幼児期)

講座246 我が子に勉強を教えたことありますか?

投稿日:

我が子に勉強を教えたことがありますか?

我が子と言っても小学校に行く前の我が子(幼児)にです。

本屋さんに行けば幼児向けの教材ってたくさんありますよね。

それでもいいですし、通信教育の教材でもかまいません。

そういう教材で一緒に勉強をした経験がありますか?

1.下手な教え方

教え方には上手・下手があります。

中間というのはありません。

上手か下手のどちらかです。

やってる場面を見ればすぐにわかります。

1分も要りません。秒でわかります。

まあ15秒見ていれば上手か下手かがわかります。

ポイントはたくさんあるのですが、今回は次の2つに絞って書きます。

(1)怖い顔で教える親

これは秒でわかりますね。

親の顔を見ればいいのですから。

子どもの顔でもわかります。

嫌々やらされていたり、わからなくて苦しそうにしてたりします。

その場の雰囲気でもわかります。

(2)イヤ~な空気が漂っている

空気は「子どもとのやりとり」から生まれます。

声が暗かったり、変な間があったり、子どもの口から文句が出たり…。

最悪なのは親が子どもを叱る場面がある場合です。

こうなったら「上手な教え方」になるはずがありません。

2.上手な教え方

上手な教え方は下手の反対です。

(1)笑顔で教える親

笑顔で教える親は、脳が「笑顔」になっています。

笑顔を作っているわけではありません。

笑顔になっているのです。

ポイントは勉強を遊びだと考えることです。

幼児期の勉強は遊びです。

これは、幼児期の子育てにおける重要な認識の仕方です。

①子ども自身がこれは「おべんきょう」という名の遊びだと思っていること

遊びですから無理にやらせる必要はありません。

「お勉強する?」って聞いて、「する!」と言ったらやるものです。

楽しいからやるのです。

②親は「一緒に遊んであげる」という感覚でいること

遊びですから子どもと一緒になって楽しめばいいわけです。

ですから、

(2)楽しい雰囲気になっている

はずです。

もし、なっていなければ親が積極的につくる必要があります。

①「楽しい雰囲気」を積極的につくる

「楽しい雰囲気」をつくるために何をしますか?

多分、子どもをほめたり、励ましたりすると思います。

困っていたら積極的に助けると思います。

意地悪をしたり、突き放して見ているだけだと雰囲気が暗くなりますよね。

ですから、ほめる・励ます・間を空けない・助けるなどの積極対応が大切です。

これらをまとめて言うと、

②リズムとテンポをつくってあげる

という行為になります。

ですから、下手な教え方はすぐわかるのです。

リズムとテンポが無い状態は、その場にいるだけでわかります。

3.まとめ

【下手な教え方】
(1)怖い顔で教える親
(2)イヤ~な空気が漂っている

【上手な教え方】
(1)笑顔で教える親
(2)楽しい雰囲気になっている

上手な親は「勉強」を「遊び」だと認識しています。

楽しい雰囲気を積極的につくっています。

最後に、あるお母さんが3歳の息子さんと一緒に勉強をしている動画をご覧ください。

「リズムとテンポ」がどういうものなのかがイメージできると思います。

勉強を楽しんでいるお子さんの「声」にも注目しましょう。


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


  1. まき より:

    遊びのように楽しくやるから続くのですよね。
    我が家の4歳の娘は、全く教えていないのに、カタカナが読み書きできるようになりました。親は「え!いつのまに読めるようになったの?!」と、驚き褒めていただけです。
    子どもの学びたいという意欲を妨害しないようにするのが親の役割だなと感じます。

    • 水野 正司 より:

      ひとりの子を相手にする時って、リズムやテンポを失いやすいんです!
      のんびりしちゃいがち。
      それが学習をつまらないものにさせちゃうんです。
      相手が一人の時こそ、大人がテンションを上げなきゃならないんです!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。