1歳半~6歳(幼児期)

講座245 モンテッソーリ教育の基本

投稿日:

6歳になる前にやっておきたい経験が4つあります。
残りひとつは何でしょう。

 折る  貼る  縫う  (   )

 目 次
1.モンテッソーリ教育の基本
2.幼児期に20000回使え!
3.ちょうどいい精一杯

1.モンテッソーリ教育の基本

この4つは、日本におけるモンテッソーリ教育の第一人者・相良敦子氏が唱えられている「就学前の基礎・基本」です。

相良氏は小学校教育の基礎・基本が「読み・書き・計算」であれば、その前の幼児教育の基礎・基本がこの4つであると主張されています。

モンテッソーリ教育は、イタリアの医師・マリア・モンテッソーリが実践してきた教育方法で、子どもの自発性を重んじるために、①適切な時期に、②適切な環境を整えることを重視するのが特長です。

つまり、問題にある4つの行動を、

①6歳になる前に、②適切な環境の中で、自由にやらせること

が、子どもの成長にとって大切であるという考え方です。

2.幼児期に20000回使え!

私自身の子育ても、モンテッソーリ教育に近いものでした。

我が家の場合に活躍したのは紙とハサミです。

長女は3歳、次女は2歳くらいからハサミを使って紙を切っていました。

そんな小さい子にハサミなんか持たせて大丈夫なのかと思われるかもしれませんが、まったく大丈夫です。

さすがに一人目の長女のときは少し心配しましたが、二人目ともなると、心配どころかさらに一年早く持たせてしまうくらい大丈夫なものなのです。

ハサミはとにかく熱中します。

細かいところを切る能力は大人と何ら変わらないくらいです。

正司昌子氏は著書の中でハサミを2万回使うことを提唱されていますが、我が家の子どもたちもそれくらいは使っていると思います。

遊びの中で一日100回くらいは使いますから、それを200日くらい続ければ2万回です。

熱中した遊びですからそのくらいは平気でクリアできると思います。

冒頭の問題にあった「就学前の基礎・基本」の4つ目が、この「切る」という行動です。

3.ちょうどいい精一杯

ところで、どうしてこの4つが「就学前の基礎・基本」なのでしょうか。

ヒントとなる言葉を相良氏の著書の中から見つけました。

思い通りに創作活動を展開していくために必要な技術をしっかり自分のものにしていると、つぎつぎに挑戦し、創りだす喜びを味わっていきます。

「折る・貼る・縫う・切る」という行為は、技術とある程度の熟練を必要とします。

その分、使えるようになった時には喜びが生まれます。

大きくなってからでは魅力のうすい行為かもしれませんが、

3歳前後の幼児にとってはものすごい充実感を与えてくれる道具であり行為なのだと思います。

その道具を使えるようになるというのは「自信」です。

自分の能力を発揮できることで子どもは自信を獲得し、次の段階へと成長していきます。

ちゃんのときには赤ちゃんにとっての精一杯の能力があり、

幼児の時代には幼児の時代にちょうどいい精一杯の能力があります。

その能力を引き出してくれる環境が「紙」であり、「のり」であり、「針と糸」であり、「ハサミ」であるということです。


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


  1. まき より:

    娘は1歳半の時からハサミを使っていました。
    切るのはとても熱中しますよね。
    まだ「縫う」に挑戦したことがないので、今年は雑巾でも塗ってもらおうかなと思います(^^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。