B 愛のスキル・愛の性質

講座22 愛の性質「愛は壺にたまる」

投稿日:

 目 次
1.外からは見えない
2.増えたり減ったりする
3.人によって形が違う
4.まとめ

「愛の性質」は3つあります。

それぞれ解説していきましょう。

1.外からは見えない

愛情は「壺(つぼ)」にたまります。

壺ですからね。外からは見えません。

でも「ため方」はわかっています。

それが「愛のスキル」です。

愛情を注ぐ期間は4段階です。

特に、Ⅱ誕生後~6ヵ月くらいが重要です。

愛着行動が見られる乳児期が一番大切ですが、

「手遅れ」と考えることはやめましょう。

愛着形成は思春期前まで出来ます。

気がついた時が行動すべき時です。

2.増えたり減ったりする

壺にたまった愛情は増えたり減ったりします。

頑張った時に使われて減ります。

でもまた愛されて増えます。

増えたり減ったりする場面を動画でご覧ください。

どうですか?

「増えたり減ったりする」の意味が分かりましたか?

これは、「テツ君の作文」や「さっとママの無言の愛」のときと同じです。

どの場合にも「給油・充電」がかかわっています。

3.人によって形が違う

最後は「壺の形」です。

壺の形は子どもによってそれぞれ異なります。

愛情をたくさん必要とする「大きい壺」もあれば、

少しの愛情で満タンになる「小さい壺」もあります。

もちろん、その中間の「中くらいの壺」もあります。

また、形も違うので「たまり方」も異なります。

いくら愛情を注いでも、「最初はなかなかたまらない壺」というのがあります。

底が広いタイプです。

外からは見えないので手応えがつかめません。

逆に、「上の方が広くなっている壺」もあるでしょうし、

「変な形の壺」もあるでしょう。

人はそれを「個性」と呼びますが、

親にとっては「見えない」し、「人と違う」ので、不安にもなります。

神様のイタズラとしか思えません。

でも絶対に共通して言えることがあります。

それは、

いつかは必ず満タンになる

ということです。

それが

「自信を持った時」であり、

「挫折を乗り越える力を持った時」であり、

「旅立ちの時」であります。

5.まとめ

今回は「愛情の性質」について解説しました。

次の三つです。

時期は「四つ」です。

(1)生まれた直後
(2)誕生後~6ヵ月くらい
(3)6ヵ月~3歳くらい

(4)4歳~思春期前まで

(4)は最後のチャンス。「愛着形成完成期」です。

心のよりどころ(家族や両親などへの信頼)を完成させ、離れていても行動できるようになります。

でも、まだ大人ではありませんから「時々」愛着を求めます。

そして、やがて来る思春期には、親よりも「友だち」が大事になります。

親からの愛ではなく、「恋愛」を求めるようになります。

「夢」や「憧れ」を求めて、行動範囲を遠くへ広げて行きます。

それが基本的な成長のステップです。

■意識高い系❝子育てメルマガ❞「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

無料です。

広告は一切ありません。

文章量の少ないスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-B 愛のスキル・愛の性質

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座289 子どもが元気を失う時

三重県の小学校でPTA会長をされていた安藤大作さんが子どもたちにアンケートをとりました。 Q:どういう時に元気がなくなりますか? さて、子どもたちはどんな回答をしたと思いますか? 今回はこのことについ …

講座244 あなたは優しい親ですか?

 目 次 1.子どもに無関心2.医師や看護師の仕事3.教師の仕事4.逆でもいい5.子育てスキルのシェアリング 1.子どもに無関心 私は優しくない親でした。 自分の子であれ、他人の子であれ、子どもに接す …

講座231 愛着形成の先に待っていること

森のようちえんこだま Mさんからの報告です。 ■「森のようちえんこだま」という、親子で自然体験をする会に参加している。 その中で、「冒険こだま」という、 他の参加者は親子で参加する中を「一人だけで」活 …

講座171 赤ちゃん返りを受け入れる

Aさんからの投稿です。 小6の息子と小2の娘は、学校や外で大人に「頼りにしている」「しっかりしている」などと褒めていただくこともある、普通の小学生である。 しかし、(ここだけの話)家に帰ると各々赤ちゃ …

講座152 幸福な家庭をつくる7原則

このタイトルを見て、「どこかで聞いたことがあるなあ」と思った方もいるはずです。 そうです。あの名著、デール・カーネギーの『人を動かす』の中に出て来る7原則です。 え?知らなかった…という方は、ぜひ!こ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。