A 赤ちゃん学

講座194 第1回「おうちで赤ちゃん学」

投稿日:

先日(12月16日木曜日)に第1回の「おうちで赤ちゃん学」が開催されました。

開催してくださったのは「国際ソロプチミスト釧路アミティ」の方々です(銀のユニホーム)。

国際ソロプチミストってご存知ですか?

女性による国際的な奉仕団体です。

WEBページには、

約121の国と地域に2,947のクラブ、71,199人の会員を有する

って書かれています。

今回、「赤ちゃん学」を実施してくださったのは、その釧路アミティの方々です。

感想をいただきましたので一部紹介させていただきます。

本日、YouTube視聴会、大成功に終わりました。今回の参加者は9名と少なかったのですが、問題に沿って参加者で話し合う時間を持ちながら大いに盛り上がりました。子どもを産む前に、このお話を聞きたかった、など感想も言い合い、楽しく温かい時間でした。中学生がどんな反応をしてくれるのか、楽しみです。(H)

Hさん、ありがとうございます。

「大成功」でよかったです。

実は、リニューアルをしてから初めての開催でしたので、私もドキドキしながら無事を祈っておりました。

「おうちで」を実施するのはこの会が「第1回」でもあり、私にとっては歴史的な開催となりました。

そうですか。

やっぱり「産む前に聞きたかった」が出ましたか!

必ずと言っていいほどこの言葉をいただくんですよね。

その点では、1月に予定されている中学生たちの感想が楽しみでもあります。

このたびはありがとうございました。

わが子の赤ちゃんの頃を思い出し、懐かしく思いながら視聴しました。子育てを経験してきたとはいえ興味深い授業でした。問題9は、はるか昔に子供たちを抱っこして散歩していたことが思い出され、その時の愛おしさを思い出しました。もちろん100点でした。(I)

Iさん、感想ありがとうございます。

問題9で100点を取れる方はめったにいないと思います。

「もちろん100点」ということは、当時から子育てのスキルとして認識されていたということですね。

貴重な感想です。

ありがとうございました。

子育てを経験していながら、知らない事実もあり、とても勉強になりました。身近に母親になる人や祖父母になる人がいましたら、話をしてあげたいと思いました。(Y)

Yさん、ありがとうございます。

そうなんですよね。広めたいんです。

高校生、中学生、若いお母さん・お父さん方へ。

そのために、ぜひ、 国際ソロプチミストのお力を貸してください!

ありがとうございました。

オンライン授業「おうちで赤ちゃん学」はまだ始まったばかりです。

無料です。

みなさんもぜひ、受講してみてください。

そして、この活動を広げていただけたらと願います。

「おうちで赤ちゃん学」の解説ページ

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-A 赤ちゃん学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座284  フランスに「イクメン」がいない理由

フランスには「イクメン」に当たる言葉がないそうです。 どうしてなのか分かりますか? そうです。 男性が育児をするのは「当たり前」だからです。 今回はフランスと日本の育児事情を解説します。  目 次 1 …

講座283  本能による子育て

FMはな(FM中標津) 写真は私が担当しているラジオ番組「子育てエトセトラ」のメンバーです! 私の隣が助産師のマキさん、右端がアナウンサーのハッシー。 先日の収録はこの3人で子育てのことを話しました。 …

講座282 離乳食:なぜ泣くの?

私が主宰しているサークルは「TOSS子育ての部屋」といいます。 TOSSという教育研究団体があるのですが、 その中で「子育て中の教師」が集まって交流しています。 今回は、私のサークルメンバーからの貴重 …

講座278 想像以上!双子育児!

今回は、双子育児の実態に迫ってみたいと思います!  目 次 1.「双子育児」の大変さ2.Lさんの双子対策3.本田さんの双子対策4.まとめ 1.「双子育児」の大変さ 「キッズライン」に、実際に双子育児を …

講座275 産後の迷信・本当の意味

産後には水仕事をさせるな! 産後に水仕事をさせると目が悪くなる! これって迷信だって知ってました? 私は信じて妻の代わりにお皿を洗っていました! 今回はこうした「迷信」の本当の意味に迫ってみたいと思い …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。