・おうちで「赤ちゃん学」

家庭や団体などで、YouTubeを使った授業を受けられます。
小学生くらいお子さんから、おじいちゃん・おばあちゃん世代まで一緒に楽しめます。
ご夫婦でも構いませんし、ママ同士、パパ同士の集まりでも可能です。

1.準備するもの(人数に合わせて)

(1)パソコンまたはスマホ…YouTubeを視聴できる環境が必要です。

(2)テレビまたはプロジェクター…人数に合わせて画面の大きさを考えて下さい。パソコンだけでも可能ですが。

(3)パソコンやスマホから接続するケーブル…HDMIなどのケーブルが必要です。

2.進め方

クイズ形式ですので、どなたかお一人が先に答えを視聴しておいて先生役になってください。

当日は、動画を使って集まった人たちに問題を出して行きます。

答えや解説は私が動画の中でおこないます。

3.内容について

「赤ちゃん学」という言葉自体は、日本赤ちゃん学会を創設された小西行郎先生によるものです。

私は小西先生の著書をはじめ、様々な本や論文などから「赤ちゃん」に関することを勉強しています。

これまでに読んだ育児書は1000冊を超えます。

この「授業・赤ちゃん学」は、私が学んできたことの中から、

どうしても伝えたい内容を「9つの問題」に絞って構成したものです。

どの問題も、高校生、中学生、小学生に好評です。

現役のお母さん方からは、「もっと早く知りたかった!」と言われます。

つまり、

赤ちゃんの育て方は意外と知られていない。

ということが言えます。

私はその原因は学校教育にあることを突き止めました。

「子育て」に関しては学校教育で習わないのです。

唯一、中学高校の家庭科で「幼児への接し方」などの授業がありますが、

その視点は「他人の子」です。

「我が子」への接し方は習わないのです。

ですから、高校生にこの授業を実施すると、必ずと言っていいほど次のような感想をもらいます。

「今知ってよかった」

男子も女子も言います。

本当は知りたいんです。

でも日本の学習指導要領には該当する内容がありません。

そこで私は考えました。

学校で教える内容は学習指導要領だけじゃない!
外部の者が子どもたちに教える「協働的な学び」というものがあるじゃないか!

この「協働的な学び」については、中教審答申の「令和の日本型教育」にちゃんと載っています。

「授業・赤ちゃん学」はまさにこの「協働的な学び」なんです。

そして私はそのコンテンツ(YouTube動画)だけを作り、地域の誰もが学校と協働できる仕組みにしました。

私が直接学校に出向かなくても、誰もが私の動画を使えば授業が出来ます。

そういう仕組みを作りました。

そしてそれは「学校」じゃなくても、「おうち」でも「集まり」でも可能です。

「おうち」や「集まり」で、生徒になったつもりで授業を受けてみてください。

先生役になった方は「先生」になったつもりで楽しんで下さい。

それがこの「おうちで赤ちゃん学」です。

4.YouTubeによる進め方解説

問題と解説は手続きされた方にご案内しています。

5.生徒たちの感想

そのほかにもたくさんの感想が寄せられています。

その一部を紹介させていただきます。

【感想】:A高校 B高校 C高校(定時制) A中学 B中学 小学校

6.「おうちで赤ちゃん学」開催一覧

これまでの開催記録

第1回の感想

7.申込方法と承諾事項

(1)無料(ただし、受講者の感想を送って下さい)

(2)申し込み先(必要事項を記入の上メールにて)

【必要事項】
件名:おうちで「赤ちゃん学」申し込み
①お名前:連絡を取り合う方のお名前です。
②メールアドレス:そのまま返信して構わない場合は省略可。
③実施予定日:連絡日から3日以上は間を空けてください。
④参加予定人数:1人以上~100人以上の大人数まで可能です。
⑤その他:必要に応じて

(3)連絡を取り合う中で動画視聴に必要な情報をお送りします。

(4)トラブルを避けるため早めのご連絡をお願いします。

(5)年に数度は動画のURLを変更しています。それまでの間はくり返し視聴できます。

(6)不明な点がございましたら遠慮なくお尋ねください。

投稿日:2021年5月24日 更新日:

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。