理想の学校・ブラックな学校

講座187 教育界における2つの説

投稿日:

教育界には2つの説があります。

天動説と地動説です。

とても大事なことなのですが、世間一般には認識されていないようです。

もしかすると、学校の先生方にも自覚されていない方がいるかも知れません。

特に、若くて熱心な先生はほとんど気づいていないでしょう。

子育てに熱心なお母さん、お父さんの中にも気づいていない方がいるかも知れません。

でも、私は30年以上前からこのことに気づいていました。

今回はこのことについて広言します。

 目 次
1.天動説
2.地動説
3.審問
4.運動

1.天動説

授業の主体は子どもたちだ」という考え方です。

家庭においては、

「主役は子どもたちだ」

という考え方です。

これらを私は「教育界における天動説」と呼びます。

理 想

何事も「子どもが中心」という理想です。

そう。「何事も」です。

2.地動説

地動説は、それとは反対に、

「授業の主体は教師である」という考え方です。

教師と呼ばれる学校の先生方の本務は「授業」です。

先生方はそれでメシを食っていると言っても過言ではありません。

「授業」こそが、教師の仕事です。

家庭で言うなら、

「子育て」は親の務めである

という考え方です。

当たり前です。

教育基本法にも書いてあります。

(家庭教育)
第10条 父母その他の保護者は,子の教育について第一義的責任を有するものであって,生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに,自立心を育成し,心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。

これらを私は「教育界における地動説」と呼びます。

理想ではなく、事実に目を向けているからです。

子どもが中心なのではなく、教師や親が中心なのだという考え方です。

3.審問

しかし。

公の場(学校や行政やメディアなど)では、事実ではなく、理想が語られます。

教育の主役は「子どもたち」なんだ!

と。

これに異を唱える者は「異端者」だと思われ、白い目で見られます。

「教師主導の授業をしてはいけない!」

「学びの主体は子どもたちなんだ!」

学校教育現場では「異端審問」が厳しく行われ、事実に口を閉ざす者が多数を占めるようになります(なっています)。

そのようなことを指導する「異端審問官」まで存在します。

確かに、「学びの主体」は子どもたちです。

しかし、「授業の主体」は教師です。

多くの人には、この事実が見えなくなっています。

公の場(学校や行政やメディアなど)では、事実ではなく、理想が語られるからです。

4.運動

しかし。

事実に目を向ける教師、保護者、大人たちは存在します。

このブログでは、これからも、

自分たちこそ教育の主体者であり、

受益者は子どもたちなんだという信念を持って、

発信活動を続けて行きたいと思っております。

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-理想の学校・ブラックな学校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座311 なぜ秋田県は学力が高いのか?

秋田魁新報社 全国学力テスト、秋田はまた全国上位 全科目で平均上回る文部科学省は28日、小学6年生と中学3年生を対象に実施した2022年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。秋田 …

講座309 わが国の教育システムの問題点

先日、こんな講座を受けました。 「青年期・成人期における発達障害のある人を誰一人取り残さない社会に向けて」 講師は信州大学医学部教授・本田秀夫先生です。 その中で私は衝撃的な言葉に出会いました。 今回 …

講座307 学校の先生は大変なのか?

ニュースなどで「学校の先生の仕事はブラックだ!」などとよく言われます。 ネットで検索すると「ブラック」どころか「ブラック過ぎる」というワードがよく出て来ます。 Twitterでは、学校の先生方がその大 …

講座302 誰が国語力を殺すのか?

「一般の方が見ている世界」と「学校の先生が見ている世界」とでは、 こんなに違うのかあー! という衝撃的なことがあったので、今回はそのことを書きます。  目 次 1.ルポ「ごんぎつね」2.ナニが問題なの …

講座287 我が子が事故!救急車呼ぶ?迷ったら…

34年間の教員人生で救急車を呼んだことが1回あります。 救急車で運ばれたことも1回あります。 今回はそのことについて書きます。  目 次 1.指がちぎれた男の子2.眩暈と嘔吐3.名古屋の顔面骨折事故 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。