I 理想の学校・ブラックな学校

講座187 教育界における2つの説

投稿日:

教育界には2つの説があります。

天動説と地動説です。

とても大事なことなのですが、世間一般には認識されていないようです。

もしかすると、学校の先生方にも自覚されていない方がいるかも知れません。

特に、若くて熱心な先生はほとんど気づいていないでしょう。

子育てに熱心なお母さん、お父さんの中にも気づいていない方がいるかも知れません。

でも、私は30年以上前からこのことに気づいていました。

今回はこのことについて広言します。

 目 次
1.天動説
2.地動説
3.審問
4.運動

1.天動説

授業の主体は子どもたちだ」という考え方です。

家庭においては、

「主役は子どもたちだ」

という考え方です。

これらを私は「教育界における天動説」と呼びます。

理 想

何事も「子どもが中心」という理想です。

そう。「何事も」です。

2.地動説

地動説は、それとは反対に、

「授業の主体は教師である」という考え方です。

教師と呼ばれる学校の先生方の本務は「授業」です。

先生方はそれでメシを食っていると言っても過言ではありません。

「授業」こそが、教師の仕事です。

家庭で言うなら、

「子育て」は親の務めである

という考え方です。

当たり前です。

教育基本法にも書いてあります。

(家庭教育)
第10条 父母その他の保護者は,子の教育について第一義的責任を有するものであって,生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに,自立心を育成し,心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。

これらを私は「教育界における地動説」と呼びます。

理想ではなく、事実に目を向けているからです。

子どもが中心なのではなく、教師や親が中心なのだという考え方です。

3.審問

しかし。

公の場(学校や行政やメディアなど)では、事実ではなく、理想が語られます。

教育の主役は「子どもたち」なんだ!

と。

これに異を唱える者は「異端者」だと思われ、白い目で見られます。

「教師主導の授業をしてはいけない!」

「学びの主体は子どもたちなんだ!」

学校教育現場では「異端審問」が厳しく行われ、事実に口を閉ざす者が多数を占めるようになります(なっています)。

そのようなことを指導する「異端審問官」まで存在します。

確かに、「学びの主体」は子どもたちです。

しかし、「授業の主体」は教師です。

多くの人には、この事実が見えなくなっています。

公の場(学校や行政やメディアなど)では、事実ではなく、理想が語られるからです。

4.運動

しかし。

事実に目を向ける教師、保護者、大人たちは存在します。

このブログでは、これからも、

自分たちこそ教育の主体者であり、

受益者は子どもたちなんだという信念を持って、

発信活動を続けて行きたいと思っております。

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-I 理想の学校・ブラックな学校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座287 我が子が事故!救急車呼ぶ?迷ったら…

34年間の教員人生で救急車を呼んだことが1回あります。 救急車で運ばれたことも1回あります。 今回はそのことについて書きます。  目 次 1.指がちぎれた男の子2.眩暈と嘔吐3.名古屋の顔面骨折事故 …

講座269 学校のここを変えたい!③

コラボ動画シリーズの3回目(最終回)です。 今回も言いたい放題をやっています。 担任発表をもっと早くして! 私の推しは村野先生が主張されている「担任発表をもっと早く!」です。 これには2つの意味があっ …

講座268 学校のここを変えたい!②

昨日の動画に反響がありました。 2020年から主体的で対話的な学びを大切にすると聞いていました。学級支援員になり、まだ数日ですが、自分たちの子供時代の授業とあまり変わらず、みんな同じことをさせていてビ …

講座267 学校のここを変えたい!①

私は教師向けにYouTube動画を配信しているのですが、 今日の動画は保護者の方が観ても面白いと思いますので、 ここで紹介させていただきます!(^^)/  目 次 1.学校の「横並び主義」をなくしたい …

講座252 担任の「アタリ」と「ハズレ」

今年の担任はアタリでしたか?ハズレでしたか? 今は担任発表を学校まで見に行かなくてもLINEで流れて来ますよね。 そして、アタリかハズレかの評価も一緒に! でも、アタリとかハズレの基準って何なのでしょ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。