理想の学校・ブラックな学校

講座187 教育界における2つの説

投稿日:

教育界には2つの説があります。

天動説と地動説です。

とても大事なことなのですが、世間一般には認識されていないようです。

もしかすると、学校の先生方にも自覚されていない方がいるかも知れません。

特に、若くて熱心な先生はほとんど気づいていないでしょう。

子育てに熱心なお母さん、お父さんの中にも気づいていない方がいるかも知れません。

でも、私は30年以上前からこのことに気づいていました。

今回はこのことについて広言します。

 目 次
1.天動説
2.地動説
3.審問
4.運動

1.天動説

授業の主体は子どもたちだ」という考え方です。

家庭においては、

「主役は子どもたちだ」

という考え方です。

これらを私は「教育界における天動説」と呼びます。

理 想

何事も「子どもが中心」という理想です。

そう。「何事も」です。

2.地動説

地動説は、それとは反対に、

「授業の主体は教師である」という考え方です。

教師と呼ばれる学校の先生方の本務は「授業」です。

先生方はそれでメシを食っていると言っても過言ではありません。

「授業」こそが、教師の仕事です。

家庭で言うなら、

「子育て」は親の務めである

という考え方です。

当たり前です。

教育基本法にも書いてあります。

(家庭教育)
第10条 父母その他の保護者は,子の教育について第一義的責任を有するものであって,生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに,自立心を育成し,心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。

これらを私は「教育界における地動説」と呼びます。

理想ではなく、事実に目を向けているからです。

子どもが中心なのではなく、教師や親が中心なのだという考え方です。

3.審問

しかし。

公の場(学校や行政やメディアなど)では、事実ではなく、理想が語られます。

教育の主役は「子どもたち」なんだ!

と。

これに異を唱える者は「異端者」だと思われ、白い目で見られます。

「教師主導の授業をしてはいけない!」

「学びの主体は子どもたちなんだ!」

学校教育現場では「異端審問」が厳しく行われ、事実に口を閉ざす者が多数を占めるようになります(なっています)。

そのようなことを指導する「異端審問官」まで存在します。

確かに、「学びの主体」は子どもたちです。

しかし、「授業の主体」は教師です。

多くの人には、この事実が見えなくなっています。

公の場(学校や行政やメディアなど)では、事実ではなく、理想が語られるからです。

4.運動

しかし。

事実に目を向ける教師、保護者、大人たちは存在します。

このブログでは、これからも、

自分たちこそ教育の主体者であり、

受益者は子どもたちなんだという信念を持って、

発信活動を続けて行きたいと思っております。

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-理想の学校・ブラックな学校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座371 高校生の自殺が増える理由

NHKwebニュース 2022年の小中高校生の自殺者数は514人で、はじめて500人台を超えました。 特に多いのが高校生で352人(約7割)を占めています。 そして、高校生の352人のうち男子が207 …

講座365 子どもにとっての「理想の先生」

「理想の教師像」というのがあります。 これがですね。 「子どもたちの意見」と「親の意見」と「教師たちの意見」と「国の意見」ではどう違うのか? 今回はそのことについて解説いたします。  目 次 1.子ど …

講座364 「がん教育」知ってますか?

小学校6年生の保健の授業に「病気の予防」という単元があるはずです。 その中で「癌」についても取り扱うことになっています。 ですから6年生以上は習っていると思います。 中学校、高校でも引き続き扱うことに …

講座349 関心ありますか?大学入学共通テスト

先日、2023年度の大学入学共通テストが実施されましたが、ニュースをご覧になりましたか? ニュースと言っても、今はいろんな種類のニュースが手に入ります。 今回はその中からいくつかを取り上げます。 「大 …

講座327 給食で「黙食」がなくなった?

子どもに黙食をさせる。 これはツライなあと思っていました。 食事って楽しいものですからね。 それに我慢できないのが子どもですからね。 学校の給食時間はどうなってるんだろうと、ずっと心配でした。 そした …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。