G 「思春期の準備」0歳~高校

講座173 コロナ禍に負けない子どもたちの育て方

投稿日:2021年11月5日 更新日:

 目 次
1.講演依頼
2.組み立て
3.具体的行動
4.モノという武器
5.レジリエンスの育て方

1.講演依頼

ある日、電話が鳴りました。

懇意にさせていただいている元町議のHさんからです。

Hさんは現在、中標津町連合町内会女性部の部長さんをされていらっしゃいます。

「水野先生、連町の女性部で研修会を開きたいんですけど、お話してくださいませんか?」

「もちろんオッケーです!」

で、私は聞きました。

「どんなテーマですか?」

コロナ禍で自殺する子どもたちが増えてるって聞いて、
私たち女性部で何かできることはないかって話し合ったんです!
で、水野先生に何かお話していただけないかと思いまして。

すごい案件ですね。

でも私は即答しました。

「はい!いいですよ!じゃあ、テーマはこんなのでどうでしょう?」

コロナ禍に負けない子どもたちを育てるポイント

「いいですね!」(決定!)

ものの数分で打合せは終了。

10月12日のことでした。

2.組み立て

そこで私は早速話の内容を組み立てました。

「自殺者が増えているのでは?」というお話でしたので、その実態からお話しすることにしました。

こんな感じです。

確かに小中高校生の自殺者数は増えていますね。

ただ、それがコロナ禍のせいなのかどうかは断定できません。

命を絶つ背景は子どもそれぞれだからです。

ですから「原因」を考えても仕方ありません。

私たち大人にできることは何か?

これが大前提だからです。

ですから、会場に参加された町内会女性部の方ができることは何か?

ということが重要です。

そこからブレてはいけません。

そこで、「具体的行動の提案」をさせていただくことにしました。

この研修会が終わった後に、すぐにでも取り組めることです。

3.具体的行動

その行動とは何か。

簡単です。

私は「子育てマップ」を作成しました。

レジリエンス(困難を乗り越える力)を育てる子育てマップ

研修会では、その方法をお話させていただきました。

そして最後に、参加者全員にこのマップをお配りしました。

マップには「困難を乗り越える力の育て方」が書いてあります。

自殺のような大きな出来事の背景は様々ですが、

大事なことは、そのような場合に、その困難を乗り越えること、

回避する力を持っていることです。

原因を追求してもキリがありません。

しかし、その子自身に乗り越える力が備わっていれば、

犠牲は最小限に食い止めることができるはずです。

それが私たち大人にできることです。

そう考えてお話をさせていただきました。

4.モノという武器

研修を受けたからと言って、具体的に行動できるとは限りません。

むしろ難しいでしょう。

しかし、「モノ」があれば違います。

キッカケが生まれます。

そこで、今回の提案です。

(1)子育て中の保護者にマップを渡す

これならすぐできるじゃないですか。

研修を受けていますから、聞かれたら説明することも可能です。

(2)トイレや台所に貼ってもらう

これが大事です。

渡された人がすぐに目を通すとは限りません。

みんな忙しいのです。

ですから、渡された人も具体的に「何をしたらいいか」がわかるようにします。

それが「トイレや台所にマップを貼る」です。

台所なら大抵は「冷蔵庫」となるでしょう。

そのためにはB4では大き過ぎます。

大きい貼り物を若い世代は嫌います。

ですからA4サイズに抑えました。

ギリギリ文字が読める程度です。

それでいいのです。

逆に気になったら読むものです。

育児書を読むのは面倒ですが、

こうした視覚情報は、読む気になれば数秒で読めるのです。

(3)コピーして配る

参加者お一人に1枚しか配りませんでしたので、

意欲的な方はコピーして使っていただくことをお願いしました。

ある参加者の方は研修会の終了後に私の所に来て下さり、

「明日、新築の餅まきがあって若いお母さん方がたくさん来るので20枚くらいコピーして配ります!」

と言ってくださいました。

「職場の休憩室に貼って、一人一人にもコピーして渡します!」

と言って下さった方もいらっしゃいました。

これが「モノの威力」です。

(4)回覧板で回す

今回の研修会は連合町内会の催し物です。

人口2万3000人の町の連合町内会です。

その気になれば回覧板で回すことだって可能です(できるかどうかはわかりませんが)。

でも、その時のことも考えて、丁寧にこのマップを作りました。

実現したら凄いことですよね。

「コロナ禍に負けない子育ての仕方」を町で共有できるのですから。

(5)一世帯一枚の配付

更に言えば、全世帯数分を予算で印刷して各家庭に配付も夢ではありません。

そこが町内会の凄いところです。

日本の町内会にはこうした可能性があるのです。

それを活かさない手はありません。

会場には役員の方々もいらっしゃったので、

こんな希望もお願いしてみました。

5.レジリエンスの育て方

それはもう明らかです。

このブログで様々な角度から書いてきました。

これからも書き続けます。

今回は会場でお配りしたマップをリンクしますので、ご活用ください。

幸せの子育てマップ

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-G 「思春期の準備」0歳~高校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座276 0~3歳児が生きる将来の日本

今回は、今、0歳~3歳くらいの子どもたちの未来について解説します。 最初に断っておきますが、日本の子どもたちの未来はかなり大変です。 これを読むと、私たち大人は「いい時代に生まれて良かったな!」って思 …

講座241 子どもに戦争をどうやって教えるか?

対象は10歳以上です。 未来を生きる子どもたちですから、 大人ができることは、 子どもたちが自分たちの頭で考えることの手立て・方向を教える ということだと思います。 大人が戦争について語らなくなってし …

講座233 「戦争」の伝え方

世界情勢についてお子さんと話したことがありますか? お子さんが大きくなった時のことも考えてみてください。 どのように話してあげたらよいと思いますか? 「現代の戦争」が「過去の戦争」と大きく違う点は何だ …

講座207 『はたらく細胞LADY』とHPV

今度の春には最初の孫が小学5年生になります。 高学年です。 女の子です。 プレ思春期ですね。 生理も始まりますし、この本をプレゼントしようかと思っています。 『はたらく細胞』シリーズはすでに全巻プレゼ …

講座167 思春期「いつから」「いつまで」?

思春期は英語で、puberty(ピューバティ)と言います。 語源は「陰毛」です。 保健の授業で習う言葉で言えば「第二次性徴期」ですね。 「体が先に大人に近づいて、心が不安定になる時期」と説明できます。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。