1歳半~6歳(幼児期)

講座124 言葉づかいは間接的に染つる

投稿日:2021年6月12日 更新日:

Yさんからの報告。

ジャングルジムで向きが変えられない女の子。

「できないよー」

お母さんは近くにいて見ているが、

「できないなら、やるんじゃねーよ」
「だから、ちがうってー」

と言い続ける。

隣でそれを見ていたお兄ちゃんも、

「○○は、できないんだからやるんじゃねーよ」

と、同じ言葉を繰り返す。

そしてとうとう見かねたお母さんが、

「もう絶対やるんじゃねーぞ」
「こっちに足向けて」
「ちがう、ちがう!」

と言いながら、

とりあえず助ける。酷すぎる。

Oさんからの報告。

満席のフードコート。

席が空いたのを幼稚園ぐらいの女の子が見つけて、ダッシュして席を取る。

「はやく来いよ。おっせーよ。」

と父親に向かって一言。

子が親を叱る。逆バージョン。

 目 次
1.「叱り方」は伝染する
2.「間接的」とは
3.言葉づかいの連鎖

1.「叱り方」は伝染する

これはもう何の説明もいらないと思いますが、

親の言葉づかいは子どもにうつります。

でも、直接うつるだけではなく、間接的にもうつります。

「ミラーニューロン」ってご存知ですか。

誰かが何かをしている行動を見ると、

まるで自分がそのことをやっているかのような反応が脳の中で起きるのです。

母親が女の子に向かって、「できないなら、やるんじゃねーよ」と言った場合、

それを横で見ていたお兄ちゃんの脳の中に反応が起きるのです。

ここ、大事です!

「それを横で見ていたお兄ちゃん」の脳の中で「反応」が起きるのです。

その反応とは次の2つです。

①お兄ちゃんの脳も「できないなら、やるんじゃねーよ」という言葉をつかっているように感じる

②お兄ちゃんの脳にも「母親の感情」が乗り移る。

つまり、お母さんが妹に言った言葉は、

それを見ていたお兄ちゃんの脳に、

「その言葉づかい」と「その感情」をインプットさせるのです。

叱る時の言葉+叱る時の感情=叱り方

このようにして「叱り方」は伝染します。

それがミラーニューロンの働きです。

2.「間接的」とは

「言葉づかい」と「感情」が伝染してしまう。

このことをもっと真剣に考えてみましょう。

たとえば、学校の先生の中には「怒ったら怖い先生」っていますよね。

要するに「怒鳴る先生」です。

「ザケンな!いい加減にしろよ!」とかって怒鳴ったりしませんか?

そういう言動って、それを目にした、まわりの子どもたちに影響するんです。

夫婦の間でも同じです。

ひでぇ言葉で夫婦喧嘩をしていると、子どもにうつります。

大人同士の会話も同じです。

「あのジジイ!マジ殺したいわ!」

とか言ってませんか?

このような大人の言動は子どもたちに影響します。

学校へ行くと、友だちからの影響というのもあります。

学校制度は、進学するにつれて、同じような学力の子が集まるようになっていますから、

同じような言葉づかいの生徒が集まる仕組みとも言えます。

3.言葉づかいの連鎖

誰かが何かをしている行動を見ると、まるで自分がそのことをやっているかのような反応が起きる

これがミラーニューロンの働きです。

ですから「良い言葉づかい」を増やすことにも使われます。

言葉づかいの良い大人のもとでは、言葉づかいの良い子どもが育つというわけです。

「言葉づかいの連鎖」ですね。

ここで注意したいのは、「言葉づかい」は、その言葉を使っている時の感情とセットになっているという点です。

「あのジジイ!マジ殺したいわ!」と言った時の感情で考えてみましょう。

言うまでもなく、このお母さんはこのジジイを本気で殺そうとしているわけではありませんよね。

ちょっとイラついただけなのかも知れません。

ということはですね。

ちょっとイラついた時に使う言葉として、

「あの○○!マジ殺したいわ!」という言葉を学習するわけです。

そういうことですよね。

そして、これとは反対に、

「うちのおじいちゃん、ホントに優しいのよ」なんて言葉を子どもの前で口にしたら、

「ホントに~なのよ」という言い方のみならず、

人に対して、人の良い所をこのように伝えるという思いやりの心が育まれます。

「言葉づかい」と「感情」はセットで染つる

このことは人生に影響すると思います。

これはなんとなく感じることですが、

幸せそうに見える人には「言葉づかい」のていねいな人が多いように思います。

逆に、「言葉づかい」の悪い人は、イライラしていたり、愚痴ったりしていて、

なんとなく不幸せな感じに見えます。

できることなら、すべての子どもたちに「幸せ」になって欲しいと思っています。

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。