0~1歳半(乳児期) 産後ケア

講座348 詩「子育て支援センター」

投稿日:2023年1月15日 更新日:

誰も知りあいがいない町を 

知りあいをさがして 黙々と歩いた

首がすわらない娘を ベビーカーにのせて

公園のむせかえるようなセミの声が

こわれた機械の雑音に聞こえて

真夏のアスファルトは

ゆがんだチューインガムのようで

ただ 誰かと話がしたいと思った

その時 「おひさまサロン」とかかれた看板のむこうで

「よかったら遊んでいきませんか」と手をふる人がいた

「だれでも、遊べる場所なんです」

私はその晩 この町に

私を知っている人がいて

私の娘を知っている人がいる

そう思うだけで うれしくて眠れなかった

詩「子育て支援センター」(作・小野省子)

「産後ケアGMT」


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-0~1歳半(乳児期), 産後ケア

執筆者:


  1. つむちゃんのお母さん より:

    出会う場所は大切だと思います。
    私の町にも支援センターはあります。
    1度行ったことはありますが、1人も赤ちゃんがおらず、出会いがありませんでした。
    話を聞いたら、利用する人は他には1人だけということでした。
    町の規模やおうちのお仕事の都合もあるかもしれませんが、利用者の少なさにびっくりしました。
    お母さんたちは、赤ちゃんがはいはいをしだしたら、家の近くに気兼ねなくはいはいをさせられる場所を探します。
    都会だとたくさんある施設も田舎ではなかなかありません。
    あったとしても、私のような状態がほとんどなのではないかと思います。
    「あります」だけのお知らせでは人は集まりません。何かイベントを催して人を集めることも大切だと思います。

    • 水野 正司 より:

      期待していたコメントです!!!
      多分、日本中が同じ状況だと思います。
      支援制度と実態には巨大な壁があります。
      もう何十年も前からずっとです。
      セーフティーネットは駄々洩れの網です。
      そこを何とかしなければ世の中は変わりません。
      どのような改革が必要なのか少し見えてきました。
      「アジャイル・ガバナンス」ですね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座356 詩「日常の中に」

あなたが産まれたばかりの時 お母さんは高熱を出してしまった お父さんは 「ごめん、今日は休めない」と 何度も謝りながら家を出ていった でもすぐに 駅から引き返してきて 授乳しながら うつらうつらしてい …

講座353 詩「愛し続けていること」

いつかあなたも 母親に言えないことを 考えたり、したりするでしょう その時は思い出してください あなたの母親も 子供には言えないことを ずいぶんしました 作ったばかりの離乳食をひっくり返されて 何もわ …

講座352 夜泣きのピーク!対処法

夜泣きのピークは何ヵ月頃か知ってますか? 赤ちゃんが泣く原因には様々ありますし、個人差もあるので特定は難しいです。 でも、大雑把に把握していると見通しが持てます。 今回は、夜泣きのピークとその対処法に …

講座344 離乳食のウソ!ホント?

子育ての世界では、何が本当かを見極めるのが難しいものです。 今回は「離乳食のウソ!ホント?」と題して、正しい離乳食の在り方に迫ります。  目 次 1.厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」2.補完食と …

講座343 寝かしつけ・夜泣き対応【総まとめ】

読者の方から「寝かしつけ」について相談を受けましたので発信することにしました。 これは以前まで高校生向けの「赤ちゃん学」や母親講座で話していた内容をまとめたものです。 ブログに書くのは初めてだと思いま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。