1歳半~6歳(幼児期)

講座341 リビングは子どもの遊び場!

投稿日:2022年12月29日 更新日:

私が所属している研究団体TOSS(トス)には、授業技量検定というシステムがあります。

子ども役になった先生方を相手に授業をして、その授業を上級者が審査します。

こんな感じです。

会場に集まったたくさんの教師を前にして授業をします。

授業時間は5分とか7分です。

審査員(上級者)がいて、それを審査します。

全員が見ている前でコメントが述べられ、点数が発表され、級が付きます。

めちゃくちゃ緊張します。

このシステムが出来る以前の教師の世界には、教師の授業の腕を他人が審査するなんて考えられないことでした。

今でも理解できない先生方が多いかも知れません。

でも、授業には「上手・下手」があるのです。

それは子どもたちの反応を見ればわかります。

上手い先生もいれば、下手な先生もいます。

できれば「上手い先生」が増えた方がいいですよね。

シンプルなことなのですが、学校教育の中には、このようなことでも反対される方がいらっしゃいます。

ですから押し付けは出来ませんが、検定を受ければ受けるほど授業の腕は上がります。

なぜなら、この検定には明確な評価基準があるからです。

たとえばこんな感じです。

①授業の始まり(15秒)のつかみ
②子どもへの目線
③あたたかな表情、対応
④明確な発問、指示
⑤心地よいリズム

「TOSS授業技量検定」評価項目・認定基準より)

私は自分自身の教職経験から、こうしたことの大切さを心の底から実感しています。

目の前で子どもたちが「楽しそうに」授業を受けてくれます。

そのTOSS授業技量検定には39級~十段までのランクがあります。

十段が最高峰です。

私は先日、その最高峰・十段の先生を訪ねて長崎まで行って来ました。

その教師こそ伴一孝氏です。

まあ、簡単に言いますと、伴先生と飲みたかったので訪ねたわけですが、

私にとっては初めての「ご自宅訪問」でした。

そして、リビングに通され、「おお!」となります。

今回はそのときの場面を動画で解説します。

授業技量検定十段のお宅のリビングはどうなっていたのか!


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


  1. タミー より:

    図鑑におもちゃに生き物に!
    工作もいつもできる!
    遊びやすい環境ですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座351 育児の三層構造

講座350「余裕がないと叱ってしまう?」へのコメントをたくさんいただきました。 ありがとうございます。 今回はその中からタミーさんのコメントを紹介させていただき、私の考えを付け加えてみたいと思います。 …

講座350 余裕がないと叱ってしまう?

本やブログを読めば「イイコト書いてるなあ」とか「そうかも知れないなあ」と思うでしょう。 でも、実際の場面になったら叱ってしまうかも知れません。 それでもっと詳しい解説をしようと思って講座347「怒る」 …

講座347 「怒る」はダメ!「叱る」はいい?

講座346で、まだ青いイチゴをもいで来てしまった女の子の話をしました。 こういう時の「正しい対応」は一つです、というお話をしました。 その時に読者の方からこんなコメントをいただきました。 大切なことは …

講座346 「正しい対応」は一つ

ある日のことです。 2歳のお子さんが、ベランダからまだ青いイチゴを勝手にもいで来ました。 お母さんにイチゴを見せて「これ大きい!」「これ小さい!」と言っています。 それはその子が初めて「大小」を学んだ …

講座339 「賢さ」の指標

9年前の話です。 勤務校の物品庫を片付けていたらこんな物が出て来ました。 大正から昭和にかけての学籍簿です。 今の「指導要録」にあたる公的な成績表です。 学業の欄には「修身」「算術」「日本歴史」などの …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。