0〜18歳【子育ての全体像】 0~1歳半(乳児期)

講座291 「赤ちゃんらしさ」って何?

投稿日:2022年8月22日 更新日:

お母さん方に聞いてみました。

「『赤ちゃんらしさ』って何だと思いますか?」

一番多かった答えは「泣くこと」でした。

「泣く」は、まさに「赤ちゃん」ですよね。

「赤ちゃんらしさ」って何だと思いますか?
 → 泣くこと

単純なことのように思えますが、

実はこのことは大変重要な意味を持ちます。

今回は「赤ちゃんらしさ」について解説します。

 目 次
1.できる範囲で無視しない
2.先回りはNG!
3.「かまってあげる」とは
4.「タイミングをみてかまってあげる」とは
5.「赤ちゃんらしさ」とは

1.できる範囲で無視しない

赤ちゃんが泣いたらどうしますか?

何かしますよね。

抱っこしてあげることが多いですよね。

でも、すぐに対応できない時だってあります。

お料理してたり、洗濯物を干していたり、急には対応できない時もあります。

そういう時にどうしますか?

「ちょっと待っててね!」

「今、行くからね!」

「おなかすいたのかな?」などと、

手が放せないのでとりあえず声をかけることもあります。

これだって対応です。

できる範囲で無視しないで、やれる範囲で対応してあげる。

多分、これが現実的な対応でしょう。

実は、この「現実的な対応」が理想的な対応なのです。

赤ちゃんへの対応で大切なことは次のことです。

【重要】タイミングをみて、かまってあげること。

なぜこれが重要かというと、

赤ちゃんの成功体験になるからです。

泣いたら来てもらえたというのが赤ちゃんの成功体験です。

その積み重ねで「基本的信頼」を獲得します。

ですから、「できるだけ無視しない」というのは大切なことになります。

ここで大切なのは「できるだけ」が付くことです。

お母さんだって人間ですから気づかずに無視してしまうことだってあります。

完璧は不可能です。

でも、それが「ちょうどいい」のです。

泣いたのに来てくれなかった…涙

赤ちゃんにとっては、こうした失敗体験も必要です。

この失敗体験は「基本的不信感」と言います。

これがあるから信頼が生まれるのです。

100%成功だと成功した時の喜びは強化されません。

たまには失敗する。

来てくれないかも知れない。

そういう経験があるから、来てもらえた時の喜び(成功体験)は大きくなります。

理論的にはそういうことです。

ですから「できるだけ無視しない」が「ちょうどいい」のです。

2.先回りはNG!

この理屈を上に活用するお母さんもいます。

赤ちゃんが泣いてもすぐに抱っこしないで、

タイミングをみてから対応するお母さんです。

赤ちゃんの「泣き」を信号だとするならば、

その信号を発信させてから対応してあげるお母さんです。

これはどういうことかと言いますと、逆を考えればわかります。

NG対応】先回りして泣かせないようにする。

NGなのは、泣かせないようにすることを優先する子育てです。

泣かないようにするために、先に先に授乳するとか、

泣かないようにするために、先に先にオムツを取り換えるとか、

目的が「泣かせない」になってしまっている子育てです。

これは赤ちゃんの「泣く」という能力を使わせないわけですからNGです。

NG(No good)どころか、SB(So bad)ですね。

ですから、このことを理解しているお母さんは、赤ちゃんをちょっとだけ泣かせてタイミングよく対応することができます。

【重要】タイミングをみて、かまってあげること。

ゴールが赤ちゃんにとっての成功体験だということがわかればこれができます。

そして、これを読んだ方はもう理解できると思いますが、

忙しくて対応できない時に、

「ちょっと待っててね!」

「今、行くからね!」

「おなかすいたのかな?」などと

とりあえず言葉をかけながら対応している姿も実は理想的なんです。

ですから結果的に(現実的に)、

「できるだけ無視しない」が「ちょうどいい」

となるわけです。

これは、お母さんも人間ですから、頑張って完璧をめざす必要はないということでもあります。

3.「かまってあげる」とは

ここまでは理論です。

エリクソンの発達段階理論と言います。

最後に、技術について補足します。

【重要】タイミングをみて、かまってあげること。

この「かまってあげる」の「かまってあげ方」という技術です。

「かまってあげる」とは、
 ①言葉をかけながら
 ②笑顔で
 ③対応してあげることをいう。

「あら~泣いてたのぉ~」と言いながら(①)

優しい表情で近づいて目を合わせて(②)

抱っこしてあげる(③)

こういうのが基本になります。

多くのお母さんがやっていることだとは思いますが、

広く、多くの人に伝えるためにはこのように技術化することは重要です。

若いお父さん方の中には、こうやって伝えて初めて理解できる人もいます。

父親教育には必要かも知れません。

4.「タイミングをみてかまってあげる」とは

言葉をかけながら、笑顔で対応してあげると赤ちゃんに何が起きるか?

【A】不快・不安の解消

【B】快感と喜びの発生

6ヵ月未満の赤ちゃんが泣く原因の多くは「不快」ですから、それが解消されます。

6ヵ月以上になると要求で泣くことが増えますから、要求を満たされることで「不安」が解消します。

それと同時に「快感と喜び」が発生します。

次の刺激があるからです。

(1)コミュニケーション
(2)笑顔
(3)スキンシップ

「かまってあげる」という行為を分析すると以上のようになります。

そして、これに「タイミングよく」が加わると、赤ちゃんにとっての成功体験になるわけです。

それが「タイミングをみてかまってあげること」の中身です。

【重要】タイミングをみて、かまってあげること。

そして、多くのお母さんたちは既にこのことをやっているはずです。

今回はその解説をしたわけです。

最後に「赤ちゃんらしさ」についてまとめて終わります。

5.「赤ちゃんらしさ」とは

「赤ちゃんらしさ」の代表は「泣く」でした。

あと二つあります。

待つ

赤ちゃんは動けませんし、話せません。

対応されることを待っていることが多いのです。

ですから「待つ」も赤ちゃんらしさです。

法律では「赤ちゃん(乳児)」は1歳未満ですが、

発達心理学では「赤ちゃん(乳児)」は1歳半までです。

これは「話せる」「歩ける」といった発達段階で区切っているからです。

「赤ちゃんらしさ」の行動はもう一つあります。

追う

目で追う、ハイハイで追う。

これも乳児の特徴です。

話ができるようになるまで、立って歩けるようになるまではこの「追う」も大切な行動です。

以上をまとめると「赤ちゃんらしさ」は次の三つです。

(1)泣く:発信能力
(2)待つ:待機能力
(3)追う:接近能力

これらはあかちゃんの能力なんです。

能力を使うからこそ成功体験があるわけです。

そして、成功体験の一方には、少しの失敗体験も必要。

赤ちゃんは赤ちゃんらしく。

お母さんは人間らしく。

それが「赤ちゃんらしさを大切にする」ということです。


■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに更新情報を配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-0〜18歳【子育ての全体像】, 0~1歳半(乳児期)

執筆者:


  1. つむちゃんのお母さん より:

    我が息子は5ヶ月。
    最近私が部屋から出て離れると、悲しそうに泣くようになりました。
    私はその泣きに、「洗濯干したらくるからね」「トイレだからね」など言葉をかけています。
    そうすると、不思議と泣きやみ、一人で遊びだします。
    言葉は分かっていないとは思うのですが、感じているのでしょうね。

    赤ちゃんってすごいです。

  2. さつきママ より:

    声かけの大切さがよく分かりました!
    泣いてもすぐに対応できないことがよくあったのですが、解説を読んで安心しました

    そして息子は3か月になりますが、自力で寝付いたり目覚めていてゴロンさせていてもあまり泣かず、「大人しい」とよく言われるタイプです。赤ちゃんはよく泣くはずなので、ちょっと心配です。でも「待つ」ことがよくできると考えていいのかなと思いました。あまり泣かないので、対応する機会が少なく気になっていましたが「タイミングよく」や成功体験を大切に関わりたいです

    • 水野 正司 より:

      あまり泣かないのは性格かも知れませんね。
      ASDの特徴でもありますが9割は個性です。
      「泣く」だけにフォーカスせずに、「待つ」が得意だという考え方!なるほどです!
      そうやって愛着形成を図っていれば、仮にASDだとしても障害には至らず定型発達が望めます。
      ですから、今やれることとして間違っていません。

  3. タミー より:

    赤ちゃんが泣くと泣かせてしまったとかすぐに駆けつけてあげられなかったと思わなくて良いんだなと勉強になりました。
    堂々と応答していこうと思います。

    • 水野 正司 より:

      そういうことです!
      テーマは「持続可能な子育て(サスティナブル・チャイルドケア)」です。
      意図を汲み取ってくれてありがとう!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座303 「おっぱい」の迷信

 目 次 1.胸の大きさは関係ない!2.赤ちゃん主導の授乳3.吸啜刺激とプロラクチン4.望ましい授乳回数 1.胸の大きさは関係ない! いや、知りませんでした! 胸の大きいお母さんの方がおっぱいがたくさ …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

講座298 子育てはシステマティックに!

 目 次 1.公文式幼児教育の2つの標語2.読み聞かせ1万冊を達成させる方法3.財産化には時間がかかる 1.公文式幼児教育の2つの標語 みなさん公文式の「KUMON」はご存知ですよね。 創業者は公文公 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。