1歳半~6歳(幼児期) 6~12歳(児童期)

講座26 挫折に強い子の育て方

投稿日:2020年7月13日 更新日:

小学校に入学するというのは人生における一大イベントです。

もう「幼児」ではなくなります。

法律でもそうなっています。

赤ちゃんは乳児、学校に入るまでは幼児。

そして、小学校1年生~18歳までは「少年」です(児童福祉法・第四条)。

乳児期や幼児期は親の愛情を一身に受けて育ちます。

でも、大人になるまでの間に、「自分のことは自分で決める」という経験も必要です。

ただし、急には出来ません。

そこで、

この動画の中にあったような「上手な手助け」が必要になります。

「いいよ。自分で決めてごらん」

というような場面ですね。

そのチャンス、ひとつの変わり目が「1年生になった」という時ということです。

もちろん、もっと早い時期にそうしたことがあっても構わないのですが、

いつまでも「親が決めてしまう」ということにサヨナラするチャンスがこの時なんですね。

だからこれは「親の側の心構え」です。

そして、急には無理なので「一年にひとつずつ」という目安です。

一年生になったら十のうち一つくらいは自分で決めさせる。

二年生で二つくらい。

三年生で三つくらい。

そうすると、中学校を卒業するときには、その多くを自分で決められるように育ちます。

ただし、

自分で決めさせる時に大事な言葉があります。

「失敗してもいいから」

この言葉を添えてあげるのです。

「いいよ。自分で決めてごらん。失敗してもいいから」

そうやって応援してあげるわけです。

少年と言っても子育ては親の義務です。責任があります。

「いいよ。やってごらん。お父さんが責任とるから!」

そんな父親だとかっこいいですよね。

講座26 「挫折に強い子の育て方」でした。

今回の講座は次の2つの資料をもとに作りました。

資料① 向山洋一 PHPカセットテープ集『向山型教え方教室』第1集(販売終了)

資料② 向山洋一『心を育てる家庭学習法』(主婦の友社)

-1歳半~6歳(幼児期), 6~12歳(児童期)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座357 住所の書けない子どもたち

私の尊敬する人物に大阪の辻 由起子さんがいます。 一言では説明し切れないほど活動範囲の広い方です。 今、思いつく範囲で紹介させていただきますと(関連するキーワードで)、 ヤングケアラー、ホームレス、性 …

講座351 育児の三層構造

講座350「余裕がないと叱ってしまう?」へのコメントをたくさんいただきました。 ありがとうございます。 今回はその中からタミーさんのコメントを紹介させていただき、私の考えを付け加えてみたいと思います。 …

講座350 余裕がないと叱ってしまう?

本やブログを読めば「イイコト書いてるなあ」とか「そうかも知れないなあ」と思うでしょう。 でも、実際の場面になったら叱ってしまうかも知れません。 それでもっと詳しい解説をしようと思って講座347「怒る」 …

講座347 「怒る」はダメ!「叱る」はいい?

講座346で、まだ青いイチゴをもいで来てしまった女の子の話をしました。 こういう時の「正しい対応」は一つです、というお話をしました。 その時に読者の方からこんなコメントをいただきました。 大切なことは …

講座346 「正しい対応」は一つ

ある日のことです。 2歳のお子さんが、ベランダからまだ青いイチゴを勝手にもいで来ました。 お母さんにイチゴを見せて「これ大きい!」「これ小さい!」と言っています。 それはその子が初めて「大小」を学んだ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。