1歳半~6歳(幼児期)

講座168 草をむしる体験

投稿日:

タイトルは「草をむしる体験」ですが、体験の中身は何でもいいのです。

動画は3つの場面に分かれます。

(1)草をむしったら手にくっついた場面

「アー、くっついてー」みたいな言葉を発していますね。

これは多分、言葉の意味を理解して使っているのだと思います。

ただ、発音がまだ不十分なだけです。

言葉は理解が先で、発するのは後です。

この子は、その前段階の理解がかなりできていると思われます。

次々と自然に、ひとりでも、言葉を発していますよね。

(2)鍵を手にした場面

「なんだこれ?パパの鍵じゃん!」

そんな風に聞こえてきます。

多分、自分の頭の中では言葉が明確に発せられているのだと思います。

頭の中ではそうであっても、口ではうまく言えないだけでしょう。

だから乳幼児との会話は、このことを頭に置いて、「子どもは理解している」と思って対応することが大切です。

(3)足の裏に意識を向けた場面

「あれ?ここ、なんか変だぞ!」

そんな感じですね。

ここで重要なのは口調が(1)(2)とは違っているところです。

少し不満そうな、不愉快そうな口調になりました。

そして、それを言葉で表現しようとしています。

感情を言語で表現する態度が育っていますね。

この「不満」や「不愉快」はイヤイヤ期になるとたくさん出てきます。

イヤイヤ期になってもまだ言語では明確にその感情を伝えられないものです。

感情が先に発達して言語は不十分だからです。

それに、この感情というのが意識ではなく無意識(本人も自覚していない)場合が多いのです。

しかし、この場面を見ると、間違いなく言葉の理解力は発達しています。

やがて自分の感情を言葉で理解できる日がやってくるはずです。

■❝意識高い系❞子育てメルマガ「子育てwin3マガジン」

無料です。

広告は一切ありません。

❝無理しない!悔やまない!明日も仕事!❞ をモットーに配信!

文章量の少ないスマートなメルマガです。

空メールを送信していただくだけで手続きは完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

【申し込みページ】

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。