1歳半~6歳(幼児期)

講座126 見守ることができない親

投稿日:2021年6月15日 更新日:

Sさんからの報告。

YAMAHA音楽教室での出来事。1歳児から3歳児が楽しくリズムステップなどをする。

レッスン中、話しかけてちゃんとやらせようとするお母さんがいる。

しっかりやらせたいお母さんは、

「ちゃんとやらないと帰るから」と言って、

楽しそうに動いているその子の腕を引っ張って、動きを制止。

子どもは泣く。

でも、慣れてるのか、ほんの一瞬だけ。

そして、その繰り返し。

教室の先生は細かいパーツでレッスンを進めているので見守ってあげるだけでいいと思う。

私は子どもの後ろについて見ているだけ。

そのお母さんはとにかく子供の横にいる。

教室での主役は先生。

お母さんの指示ではなく、

先生の指示を聞いて動く子になって欲しい。

 目 次
1.シロウトが口を出すな
2.付かず離れず

1.シロウトが口を出すな

これはもう何の説明もいらないと思います。

Sさんの報告にあった通りです。

レッスン中に話しかけてちゃんとやらせようとする

全く意味がわかりません。

なぜ、そんなことをするのでしょう。

なんのために音楽教室に通わせているのでしょう。

「音楽を通してすこやかに発達して欲しい」とか、

「同年齢のお友だちと一緒に遊ばせたい」とか、

「音楽の楽しさを感じて欲しい」とか。

そして、その目的に沿って教室を開いているのは教室の先生です。

音楽教室の先生はプロです。

研修も受けているでしょうし、お給料ももらっています。

シロウトとは違うわけです。

報告にあった通り、この先生は参加しているお子さんに対応しています。

ちょっと難しいかなと思ったら、

指導のステップを小刻みにして調整したりするわけです。

それをなぜ、任せることができないのでしょう。

2.付かず離れず

「ちゃんとやらないと帰るから」

なぜ、こんなことを言うのでしょう。

まだ2歳くらいですよ。

できなくて当たり前じゃないですか。

それに、「ちゃんとやる」のが教室の目的ではありません。

「楽しくやる」のが目的でしょう。

それを「ちゃんとやらないと帰るから」と言う意味がわかりません。

楽しくなくなっちゃうに決まってるじゃないですか。そりゃ泣きますよ。

報告者のSさんは大事なことを書いています。

お母さんの指示ではなく、先生の指示を聞いて動く子になって欲しい。

そうですよね。

せっかく家の外で貴重な体験をしているのですから。

親以外の大人との活動で、世界を広げているわけですから。

それなのに、このお母さんは「子どもの成長と真逆のこと」をしています。

成長させたくないのでしょうか?

いつまでも手元に置いておきたいのでしょうか?

みなさんはどうですか?

保育園や幼稚園で同じようなことをしていませんか?

先生に任せて見守ることができていますか?

付かず離れず

日本には「付かず離れず」という言葉があります。

2歳くらいでしたら、お母さんと離れるのは不安なはずです。

でも、いつまでも親がくっついていたら成長できません。

習い事や園や学校は、少しずつ親の手元から離れる練習の場でもあります。

そして、そこには「任せられるプロ」がいるはずです。

そのプロに任せて、「付かず離れず」をするのが、

この時期のお母さんの役目だと考えます。

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

広告は一切ありません。

週に1~2号程度のスマートなメルマガです。

【申込方法】下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-1歳半~6歳(幼児期)

執筆者:


  1. しおりん より:

    子どもが必要な時に必要な手助けができる母親になりたいです。

    見極めるのはすごく難しいけれど。
    やはり母親は、学ぶべきですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。