1歳半~6歳(幼児期) 6~12歳(児童期) 正しい叱り方

講座53 「○○したら○○だからね!」

投稿日:2020年12月1日 更新日:

 目 次
1.「○○したら○○~だからね!」
2.嫌子(けんし)の原理
3.「脅し」は強く保存される
4.人間脳で考えさせる

1.「○○したら○○だからね!」

「しつけ」だと言って、こんな叱り方をする方がいます。

「バンってやったら、もうオモチャ買ってやらないからね!」

「行かないんなら、置いて行くからね!」

 「怒って言っているのとは違います」「しつけです」と当人は言います。

 「どっちにしても意地悪じゃないの?」と私は思います。

 私の中では「ダメな叱り方」の中の「脅す(おどす)」ですね。

 「不安」というのは感情(気持ち)です。
 「考えて行動する」のではなくて、仕方なく行動するだけです。
 人間の防衛反応です。
 「しつけ」に防衛反応(不安)を使うのは間違った子育てになります。

2.嫌子(けんし)の原理

 その子にとって「嫌なもの」を出すと行動が変わりますよね。
 「お父さん」を出すとコワイから言うことをきくようになる、とか。
 これが「脅し」です。

 似たようなものに「嫌子(けんし)の原理」というのがあります。
 「道路で遊んでいたら車が来てびっくりした」という経験をしたら、「もう道路で遊ばないようにしよう」とか、「道路で遊ぶときは車に気をつけよう」と思うようになりますよね。

 こんな風に「嫌な経験」によって、その子の行動が変わるのが「嫌子の原理」です(行動分析学という分野の言葉です)。

「脅し」と「嫌子の原理」

 ちょっと似ていませんか?

 実は、この「嫌子の原理」は、つい乱用したくなっちゃうものなんです。
 「子どもの嫌がるもの」って、しつけに使いたくなるじゃないですか。
 子どもの行動を変えるために便利なんです。

 「お父さん」が怖い子は「お父さんに言うからね!」の一言で黙ります。
 これは多分、お父さんに怒られた経験が今までにあったからですよね。
 つまり「嫌な経験(嫌子)」です。

 「脅し」と「嫌子」、似ていますよね。
 でも本当は全然違うものなんです。
 ここを区別できないと、つい「乱用」してしまうのです。

3.「脅し」は強く保存される

 脅すのはダメです。それは「しつけ」ではありません。
 親の都合で子どもを不安にしているだけです。
 脳が委縮します。精神的なストレスです。「考える脳」が発達しません。

 しかも、防衛経験は脳に強く保存されます。
 自分の命に関わることだからです。

 お父さんに怒られるから行動を変える

 ご飯をもらえなくなるから行動を変える

 そういう子に育ちます。

3.「しつけのつもりだった」

 では、「道路で危ない目にあった」という嫌な経験との違いはなんでしょう。

 

 言葉にしているかどうか

 経験はあくまでも「自分の経験」なんです。
 人に言われて動くものじゃないんです。
 「前に危ない目にあったから気をつけよう」と思うのが経験です。
 これが「嫌子の原理」です。

 いい例にはなりませんが、「前にお父さんに怒られたから気をつけよう」と自分で考えたのなら、それは「嫌子の原理」です。「お父さん」が「嫌な経験」になって自分で自分の行動を変えているからです。

 

「遅刻したら先生に怒られた」という経験から「遅刻しないように気をつけるようになった」というなら「嫌子の原理」ですが、「今度遅刻したら廊下に立たせるぞ」と言ったら「脅し」ですね。教師としてはアウトです。

 

 同じように、「オモチャ買ってあげないからね」も「置いて行くからね」も脅しです。そして、実際にそれを実行することを「罰」と言います。
 

 「脅し」も「罰」も「しつけ」ではありません。
 場合によっては虐待にもなりかねません。
 虐待事件に「しつけのつもりだった」という理由が多いのは、「脅し」や「罰」を「しつけ」だと考えているからだと思います。

4.人間脳で考えさせる

 そうは言っても「子育て」って大変ですよね。
 子どもの行動を変えたい!と思うのは日常茶飯事です。「経験」を待っていられないので、口で言って何とかしたくなることがほとんどだと思います。

 ではどうするか。

「バンってやったら、もうオモチャ買ってやらないかなあ~」

「行かないんなら、置いて行っちゃおうかなあ~」

 笑顔でこう言うのです。
 そうすると必然的に声も優しくなります。

 絶対に、感情脳を刺激させない。
 感情のスイッチが入らないようにするのなら、こういうのもアリです。

 100点満点の方法ではありません。
 いくら笑顔でこう言っても泣き出しちゃう子だっています。
 「本当じゃない!」っていうのがバレちゃうくらいがいいのです。

 このお母さん「行動を変えさせたい」わけですよね。
 「言っちゃおうかな~」は、考えさせるキッカケに過ぎません。
 大切なのは「考えさせること」です。

 不適切な行動を減らすためには、本人に考えさせるのが一番です。
 でも、日常的には難しい。
 だから私たちは「言葉」に頼ります。

 しかし、言葉は便利なものなので「刃物」にもなります。
 特に、子どもにとって「嫌なもの」は乱用されやすいのです。
 言葉を使うときのヒントになればと思って書きました。

 参考文献:

罰の効果とその問題点─ 罰なき社会をめざす行動分析学
(神戸親和女子大学発達教育学部心理学科 吉野俊彦氏)

-1歳半~6歳(幼児期), 6~12歳(児童期), 正しい叱り方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座374 勉強なんかよりずっと大切なこと

 目 次 1.男前のめぐ君2.鉄板ネタ3.教師がすごいと思うこと 1.男前のめぐ君 めぐ君は3歳の男の子です。 保育園に通っているのかな。 園の先生が連絡帳にこんなことを書いてくださいました。 アプリ …

講座373 小学一年入学準備13チェック

一年前の講座で小学校一年生に必要な「入学準備12項目」を紹介しました。 今回はそれを少し新しくしました。  目 次 1.時計2.雨具3.通学路4.盛り付け5.箒(ほうき)6.絞る(しぼる)7.箸(はし …

講座370 「大げさ派」「危ない派」あなたはどっち?

こんな記事がありました。(3/6) 幼児が車内に置き去りに…通報後、戻ってきた母親が言い放った言葉にモヤモヤ(Yahoo!ニュース) 世間では、この記事に対して二つの反応があるようです。 【母親擁護派 …

講座365 子どもにとっての「理想の先生」

「理想の教師像」というのがあります。 これがですね。 「子どもたちの意見」と「親の意見」と「教師たちの意見」と「国の意見」ではどう違うのか? 今回はそのことについて解説いたします。  目 次 1.子ど …

講座364 「がん教育」知ってますか?

小学校6年生の保健の授業に「病気の予防」という単元があるはずです。 その中で「癌」についても取り扱うことになっています。 ですから6年生以上は習っていると思います。 中学校、高校でも引き続き扱うことに …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。