A 赤ちゃん学

「赤ちゃん学」を受けた高校生の声 #3

投稿日:

定時制高校での授業です。

年齢は様々です。

髪は黄色。耳はピアス。服装も様々です。

授業のはじめにスマホを仕舞わせたり、回収したりする場面もあります。

「パス!」と言って、教室から出て行く生徒さんもいます。

そうかと思うと、仕事が終わった後、必死で駆け付けて、

一生懸命授業を受けてくださった方もいます。

疲れ果て、「眠い」と言って伏せたままの方もいます。

これまでの授業とはだいぶ環境が異なります。

そんな環境の中、授業してくださったN先生は、

最後の授業に「赤ちゃん学」を選んでくださいました。

生徒さんたちの感想です。

Aさん:これからに役に立ちました。いろいろ知らなかったことを知れてよかった。

B君:赤ちゃんに関してはある程度知っていたつもりだったが知らないことだらけでした。

Cさん:とてもわかりやすくて知らないこともすごく勉強になった。

D君:わからなかったことがたくさんわかりました。赤ちゃんを育てる人にとっては知っておくと役立ちそうです。赤ちゃんにもコミニュケーションが必要だと言うこともわかりました。

E君:人と動物の子供の育て方が同じということに驚いた。

F君:いろいろ学べてよかった。

G君:知らない知識が多く大変勉強になった。こうみるとまだまだ知らないことがありそうで興味を持てた。

H君:小学生高学年の時からめいっ子とおいっ子がいるのでなつかしいい感じがした。

Iさん:特になし

J君:ありがとう!!

K君:BIGUP!!

「ビッグアップ」はラップ用語で「ありがとう」を意味するそうです!(^^)/

Lさん:胎児の脈拍は高校生より回数が多いんだなと思った。赤ちゃんの夜泣きが収まらない時は抱っこして移動すると良いことがわかった。授業動画を見ていろいろなことがわかりました。自分に子供ができたら役立つと思いました。ありがとうございます。

M君:とても有用な授業でした。知らないことも多くあり赤ちゃんのことをより深く考えるきっかけになりました。

N君:赤ちゃんは思ったよりいろいろ考えているんだなあと驚いた。

O君:動画や写真があって見やすかった。

P君:授業で赤ちゃんのことを勉強しました。先生が説明してとてもわかりやすい。どうもありがとうございました。

二つのエピソード

生徒さんたちの感想用紙には先生からのコメントが添えられていました。

その中から二つのエピソードを紹介させていただきます。

一つ目はB君です。

この生徒さんは、保育施設でバイトをしたことがある方です。

その経験があったので「ある程度は知っているつもりだった」と書いたわけです。

授業の中にはこんな問題があります。

問題10 赤ちゃんを抱っこしているつもりになって赤ちゃんに「お花咲いてるねえ」と言ってみましょう。

実際にパフォーマンスをする問題です。

私は心配でした。

この問題、みなさん、やるのかな?

仕事に疲れ果てた夜の授業ですよ。

そしたら、先生からのコメントは次のようなものでした。

「○○ちゃん、お花、咲いてるねえ」を人形を抱っこして、みんなの前でやってくれました。

えーっ!B君、スゴイ!!

人形を準備されていたN先生もスゴイ!!

最後の問題までうまくいって本当によかったです!

もう一つは、Lさんです。

あの「長い感想」を書いてくださった生徒さんです。

N先生は次のように添えてくださいました。

今までで一番集中できていました。
感想もこんなに書いたのは初めて!
「ありがとうございます」と言える子とわかりました。

Lさんの感想を再掲します。

Lさん:胎児の脈拍は高校生より回数が多いんだなと思った。赤ちゃんの夜泣きが収まらない時は抱っこして移動すると良いことがわかった。授業動画を見ていろいろなことがわかりました。自分に子供ができたら役立つと思いました。ありがとうございます。

私もうれしいです。

ステキな感想をありがとうございます。

N先生と出逢い、授業が実現できて本当によかったです。

生徒さんたちは様々な生活を背景に「ここ」へ学びに来ています。

私は貴重な感想を受け取ることができました。

この経験を無駄にせず、今後も広めて行く覚悟です。

もし、実践したいという先生がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。
もちろん無料です!

■無料メルマガ「子育てwin3マガジン」

「ブログ記事の更新情報」や「筆者の近況」などを配信しています。

【申込方法】
下のメールアドレス宛に空メールを送信していただくことで申請完了です。

解除はいつでも可能です。料金は一切発生しません。

-A 赤ちゃん学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

講座284  フランスに「イクメン」がいない理由

フランスには「イクメン」に当たる言葉がないそうです。 どうしてなのか分かりますか? そうです。 男性が育児をするのは「当たり前」だからです。 今回はフランスと日本の育児事情を解説します。  目 次 1 …

講座283  本能による子育て

FMはな(FM中標津) 写真は私が担当しているラジオ番組「子育てエトセトラ」のメンバーです! 私の隣が助産師のマキさん、右端がアナウンサーのハッシー。 先日の収録はこの3人で子育てのことを話しました。 …

講座282 離乳食:なぜ泣くの?

私が主宰しているサークルは「TOSS子育ての部屋」といいます。 TOSSという教育研究団体があるのですが、 その中で「子育て中の教師」が集まって交流しています。 今回は、私のサークルメンバーからの貴重 …

講座278 想像以上!双子育児!

今回は、双子育児の実態に迫ってみたいと思います!  目 次 1.「双子育児」の大変さ2.Lさんの双子対策3.本田さんの双子対策4.まとめ 1.「双子育児」の大変さ 「キッズライン」に、実際に双子育児を …

講座275 産後の迷信・本当の意味

産後には水仕事をさせるな! 産後に水仕事をさせると目が悪くなる! これって迷信だって知ってました? 私は信じて妻の代わりにお皿を洗っていました! 今回はこうした「迷信」の本当の意味に迫ってみたいと思い …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。