1歳半~6歳(幼児期) 6~12歳(児童期)

講座25「よい子」が育つ親のタイプ

投稿日:2020年7月9日 更新日:

動画では、「よい子」が育つ親のタイプを2つと言いました。

(1)過干渉(干渉し過ぎ)

(2)過心配(心配し過ぎ)

「過干渉」については動画の中でお話ししましたので、ここでは「過心配」について書きます。

過心配も「よい子」に育ちます。

なぜなら、子どもはみんな優しいからです。

親に心配をかけまいとします。

そして、この「心配をかけまい」とする気持ちが、

過干渉と紙一重になるのです。

過干渉は「ああしなさい」「こうしなさい」と口出ししますが、

過心配タイプの親は「心配だ!」「心配だ!」と口にします。

これが結果的に、口出ししているのと同じことになるのです。

わかりますよね。子どもはみな優しいからです。

子どもは親のつぶやきを聞いて、親に心配かけまいとします。

これは「ああしなさい」「こうしなさい」と同じことになってしまうのです。

それだけではありません。

「心配だ!」「心配だ!」と口に出さなくても、

親の心配が子どもに伝わることがよくあります。

これは子どもの年齢に関係なく起こります。

子どもは、ある程度の年齢になると人の気持ちが理解できるようになります。

親が心配していれば、なんとなく察しがつくものです。

では、年齢が下の子はどうでしょう?

実は、まだうまく話すことができない年齢の子でも親の気持ちは伝わります。

言葉によらない能力、原初的能力と言いますが、

そういう不思議な力で、ほぼ無意識のうちに伝わってしまうのです。

胎児のときでさえ、親の気持ちは子どもに伝わると言われます。

だから、隠しようがありません。

大切なのは、

あまり心配しない心配し過ぎない

ということです。

子育てには「大きな気持ち」も必要です。

おおらかな気持ちでいれば、子どももおおらかに成長します。

「悪い子」も問題ですが、

いい子過ぎる「よい子」も問題です。

その理由は動画にあったように挫折に弱い子に育ってしまうからです。

子どもはいつか親から離れます。

「よい子」ではなく、「強い子」に育てなければいけません。

それが親の務めです。

この話が参考になれば幸いです。

今回の講座の内容は次の2つの資料をもとに作りました。

資料① 向山洋一 PHPカセットテープ集『向山型教え方教室』第1集(販売終了)

資料② 大河原美以 『子どもの「いや」に困ったとき読む本』

-1歳半~6歳(幼児期), 6~12歳(児童期)
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。