発達障害への理解 本の紹介

『子どもの‟困った”が才能に変わる本』

投稿日:2020年4月12日 更新日:

副題:「育てにくさ」は伸ばすチャンス

今回ご紹介するのは、田嶋英子さんの『子どもの「困った」が才能に変わる本』(青春出版社)です。折り目14カ所×10くらい。というのは、子育てに関する考え方が私とそっくりなので、同じ考えのところは折っていないことが「×10」の理由です。ですから初めて読む人にとっては折り目140カ所くらいの価値があると思います。

もうひとつ重要なのは、私が「これは!」と思った箇所が14カ所あったことです。以前にも書きましたが、本は折り目1カ所でも「買った価値あり」です。自分の知らないことを知ることが出来たわけです。そして、その知識は誰にも盗まれません。広めることもできます。使うこともできます。「知は力なり」です。

この本の特長をひとことで言うとこうなります。

子育てをポジティブに考えるための「技」を、くり返し練習することができる本

まるでレッスンを受けているかのように、自然と「技」が身につくように考えられています。「技」というのはその場限りのものではありませんので、この本に出て来ない様々な生活場面で応用できます。それが「技」です。もっとシンプルに表現するなら「考え方」の「型」です。それが身につきます。

自分一人では、子育てはできません。誰かに頭を下げたり、お願いしたり、感謝したり、する機会です。(60ページ)

次のように言う人はたくさんいます。「子育ては大変なものだから誰かに頼りましょうね」しかし、著者の田嶋先生は違います。「する機会です」と主張されています。もう少し紹介させていただきますね。

親にとっては、自分一人ではできないことがあると、学ぶ時期です。相談したり、連絡したり、報告したり、コミュニケーションを取る機会です。段取りをしたり、予定をすり合わせたり、マネジメントの能力を高める機会です。そして、一人の子どもをみんなで愛を持って育てていく機会です。(60ページ)

大切なことなので、もう一度、言いますね。

子育ては、一人では、できません。

それは、神様がそういう仕組みにしてくれているのです。(61ページ)

-発達障害への理解, 本の紹介
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座322 Q&A 大人の発達障害⑩

先日の研修会での質問に答えるシリーズは今回で最後です。 どの質問も私ひとりでは考えつかないものばかりで新鮮でした。 いろいろな人と交流するって大事ですね。 Q10 発達障害があるなあと思った時に、その …

講座321 Q&A 大人の発達障害⑨

Q9 大人になってから発達障害になることはないというのは本当なのでしょうか? これはですね。 「大人の発達障害」という言い方に問題があるのです。 なぜ、わざわざ「大人の」と付けるのか? 発達障害が「子 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。