1歳半~6歳(幼児期) 6~12歳(児童期) 発達障害への理解 正しい叱り方 本の紹介

『怒りをコントロールできない子の理解と援助』

投稿日:2020年3月28日 更新日:

副題:教師と親のかかわり

今回ご紹介するのは、大河原美以さんの『怒りをコントロールできない子の理解と援助』(金子書房)です。

大河原さんは東京学芸大学の先生です。私は大河原先生のファンで、大河原先生の本は全部持っています。もっと知りたくて論文も読んでいます。ご紹介したい本は全部と言っていいのですが、今回はこれを選びました。

哀しみをそのままに表現できる子どもは、
やさしく してもらうことができますが、
怒りという形で表現する子どもは、いつも叱られます。
(「はじめに」)

怒りをコントロールできないという状態は、子どもにとって大問題です。しかし、親や教師はなかなかそこに気づくことができません。怒りが発生している現場では大人も冷静に考えることが難しいからです。

怒っている子どもは「怒っている」のではないということ。

このことがわかれば問題の半分は解決したようなものです。怒っている子どもは「怒っている」のではなく、感情をコントロールできていないということです。

ここがわかれば次に進むことができます。

では、どうしたら感情をコントロールできるようになるのか。

実は、感情のコントロール機能の発達には、乳児期の愛着形成が深くかかわっています。「安心・安全」な環境で育てられた子は、コントロール機能が健全に発達すると考えてよいでしょう。

「じゃあ、幼稚園や小学校では手遅れなの!?」

そんなことはありません。コントロール機能は幼児期、児童期にも発達します。ただ、すでに怒りっぽくなっている子には、対応の仕方を考えなければいけません。その対応の仕方が本書にて、「理解」と「援助」という形で示されています。折り目は40カ所付きました。

-1歳半~6歳(幼児期), 6~12歳(児童期), 発達障害への理解, 正しい叱り方, 本の紹介
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座322 Q&A 大人の発達障害⑩

先日の研修会での質問に答えるシリーズは今回で最後です。 どの質問も私ひとりでは考えつかないものばかりで新鮮でした。 いろいろな人と交流するって大事ですね。 Q10 発達障害があるなあと思った時に、その …

講座321 Q&A 大人の発達障害⑨

Q9 大人になってから発達障害になることはないというのは本当なのでしょうか? これはですね。 「大人の発達障害」という言い方に問題があるのです。 なぜ、わざわざ「大人の」と付けるのか? 発達障害が「子 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。