本の紹介

『ルポ・保育格差』

投稿日:2020年4月25日 更新日:

帯:子どもは人質!?入った園で大違い!

今回ご紹介するのは、小林美希著『ルポ・保育格差』(岩波新書)2018年4月発刊。折り目3つです。

「人質」だなんて、なかなか過激な帯です。ちょっとだけ中身を紹介します。

子どもが保育園に行きたくないと言った時、適切な保育をしていない可能性もあり、じっくり子どもの話に耳を傾ける必要がある。そして、送り迎えの時には子どもたちが保育士ににきちんと物をいえているか、保育士の声がけはどうか観察し、他の保護者と情報交換する。何かおかしいと感じたら、園長や主任に相談。それでも解決しなければ、第三者委員や自治体に相談するしかない。(33ページ)

一見過激なことのようですが、よく考えると、ここに書かれてあることはいたって当たり前のことだと思います。保育所だけではなく、学校でも同じです。

子どもの体の異変から「学校で何かあったんじゃないか?」という見方をするのは必要なことです。むしろ保護者の義務です。我が子を通して園所学校のことを知ろうとする姿勢は親として普通のことだと思います。

「送り迎えの時」は貴重な観察の場面。

「保護者同士の情報交換」は貴重な相談場所。

「相談先ルートを知っておく」というのも組織を相手にする基本です。

忘れてならないのが、保育所で出会う「人」こそが、親子にとって一番の保育環境ではないかということ。保育士に力量があるかどうかが大きく問われ、そこに大きな保育格差が生じるのではないだろうか。(44ページ)

特別支援教育では「人こそ環境」という考え方があります。特に、発達障害の子にとっては、発達障害という診断がつくかどうかが「人」という環境によって変わってしまうほど重要なことです。

また、障害の有無、園所学校にかかわらず、すべての子どもにとって「人」は環境です。このことは保育士のみならず、子どもに関わるすべての大人が理解しておくべき大事なことです。

-本の紹介
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座297 ふたりは同時に親になる

 目 次 1.夫はいつもゲームをやってる?2.『ふたりは同時に親になる』3.子育てにおける同期とは?4.男性には「女性理解学」が必要 1.夫はいつもゲームをやってる? 夫婦の間に「はじめて」赤ちゃんが …

新刊『向山家の子育て21の法則』

 目 次 1.授業技量検定2.指導案審査3.問題提起4.発達障害/愛着障害5.「3/1000」という運動6.夢は叶う 1.授業技量検定 私が「子育て」について勉強し始めたのは平成20年(2008年)4 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。