1歳半~6歳(幼児期) 本の紹介

『科学的に考える子育て』②

投稿日:2020年4月28日 更新日:

「学校は社会の縮図ではない」

和久田学『科学的に考える子育て』第4章のタイトルです。

言うまでもなく、社会は時代と共に変化しています。

しかし、学校はどうでしょう?

「ちびまる子ちゃん」は35年前の設定なのに、現在の学校と大差はありません。このことからも「学校は社会の縮図ではない」ということがイメージできると思います。

では、どうして学校は変わらいのか。2か所抜粋しましょう。

つまり学校の先生は、小中学校、大学を通して「学校教育の勝ち組」であり、知的能力が高いことが多く、しかも学校について良いイメージを持っている人がほとんどでしょう。(74ページ)

では、教育委員会にかかわる人、文部科学省の役人、政治家でも教育に関心を持つ人たちはどうでしょうか。この人たちも、教師同様に学校教育の生存者である可能性が高いでしょう。学校教育について論じ、学校教育のあり方について考えたり決定したりする人たち、そして学校現場で働く人たちのほとんどが学校教育の生存者です。(75ページ)

言葉は悪いのですが、「居心地がいい」「それ以外の経験がない」ということが変わらない要因として指摘できるのではないかということです。

さらに次のことも言えます。それは、勉強の中身(学習指導要領の中身)が増え続けているということです。時代が変われば新しい教育内容(英語やプログラミング教育など)が必要になります。ところが「勉強の中身」は削減されません。

生きる力をつけることは重要です。新しい学習指導要領の方向性に間違いはないと思うのですが、あれもこれもと「足し算」のみを求めるのは難しいでしょう。子どもの時間にも教師の努力にも限りがあります。新しい教育にするには、大胆に何かを減らすことが必要だと思われます。(84ページ)

無理が続けば、いつかは破綻します。

学校も、子どもも、家庭も、地域も。

学校に子どもたちが戻って来た時に、「安心」だけでは済まない状況が生まれているでしょう。

学校は「社会」を考えるべき時に来ています。

-1歳半~6歳(幼児期), 本の紹介
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。