1歳半~6歳(幼児期) 父親学 本の紹介

『運動神経がよくなる本』

投稿日:2020年5月27日 更新日:

副題:バランス、移動、操作、で身体は変わる!

今回ご紹介するのは、中村和彦教授の『運動神経がよくなる本』(マキノ出版)です。折り目1カ所ですが、この本についている表(36の基本動作)は何度も使いました。数えきれないほど使いました。壁にもはりました。辞書のように使っていますから、折り目は全部と言ってもいいかも知れません。

文化が変わり、世の中が便利になってくると、それに伴って、人間の動きもどんどん衰退するのです。(53ページ)

36の基本動作を書き出してみます。

01 まわる 02 おきる 03 たつ 04 くむ 05 わたる 06 さかだち 07 ぶらさがる 08 のる 09 うく 10 はう 11 あるく 12 のぼる 13 とぶ(垂直) 14 とぶ(水平) 15 はしる 16 くぐる 17 およぐ 18 すべる 19 つかむ 20 もつ 21 なげる 22 ける 23 あてる 24 とる 25 ほる 26 ふる 27 はこぶ 28  わたす 29 ささえる 30 つむ 31 たおす 32 おす 33 おさえる 34 ひく 35 うつ 36 こぐ

たとえば「歩く」にしても、「まっすぐ歩く」「円を描いて歩く」「大股で歩く」「後ろ向きに歩く」「横歩き」など様々に変化をつけられます。

基本を36としていますから、36種類をもっとたくさんの動作を体験させることが可能です。本書はその応用動作についても詳しく書いています。

私は教員時代、この表を体育館の壁に貼ってチェックしていました。1年間の体育の授業でこの36種類は全部体験できるように組み立てていました。

たとえば、「つかむ」だと、棒を縦に持ち、手から棒を話して3回手を打って倒れないうちにまた棒をつかむ、というように楽しい活動をいくらでも増やすことができました。

余談になりますが、中村教授は「パプリカ」という曲のダンスの振り付けを監修されたことで有名です。あのダンスにはきっとたくさんの基本動作が含まれているのではないでしょうか。

-1歳半~6歳(幼児期), 父親学, 本の紹介
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座306 育児休業法が改正されました!

令和4年10月1日から「改正・育児介護休業法」が施行されました。 次の2点が新しくなりました。 ①「産後パパ育休」の新設②育児休業の分割取得が可能に と言ってもわかりづらいですよね。 できるだけわかり …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。