0~1歳半(乳児期) 本の紹介

『赤ちゃんと脳科学』

投稿日:2020年5月1日 更新日:

帯:「天才」になるより「幸せ」な人間に育てたい!

今回ご紹介するのは、小西行郎『赤ちゃんと脳科学』(集英社新書)2003年初刊です。折り目は2か所。

小西先生は日本赤ちゃん学会の事務局長をされた方で、「赤ちゃん学」という言葉を初めて使われた方です。折り目は2つですが、今につながる基本的なことが数多く書かれています。

生まれてすぐの赤ちゃんが理由もなく「微笑む」のと同じように、「泣く」ことも胎児期から備わっている能力なのです。私の観察では、胎児も自発的に泣いていることがわかっています。(19ページ)

私の講座に出て来る「泣くは能力」という考え方は、この本をはじめいくつかの書籍に書かれています。でも、胎児まで泣いているというのは初めて知りました。

1990年代は「テレビの影響」に関する研究が盛んでした。この本にも、赤ちゃんに対するテレビの影響が書かれています。

体動の引き込み現象

赤ちゃんは人の語りかけに対して手足をバタバタさせたりしますよね。

この時、語りかけた大人の方も無意識にうなずいたり笑ったりして反応します。

これが「体動の引き込み現象」と呼ばれるものです。(143ページ)

この現象は、赤ちゃんの「確認作業」だと言われています。どういうことかと言いますと、赤ちゃんと大人の間にコミュニケーションが成立していることを赤ちゃんが確認しているということです。

「あ!通じてる!」

と、赤ちゃんは実感しているはずです。

つまりは「成功体験」ですね。

いうまでもなく、こうした体験が脳の機能を発達させることになります。

ところがテレビだと情報の一方通行で反応がありません。当時の医師たちはこのことを危惧して「2歳まではテレビを見せるな」などと提唱していました。

-0~1歳半(乳児期), 本の紹介
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座303 「おっぱい」の迷信

 目 次 1.胸の大きさは関係ない!2.赤ちゃん主導の授乳3.吸啜刺激とプロラクチン4.望ましい授乳回数 1.胸の大きさは関係ない! いや、知りませんでした! 胸の大きいお母さんの方がおっぱいがたくさ …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。