1歳半~6歳(幼児期) 本の紹介

『坂東先生の教育講座』

投稿日:2020年3月25日 更新日:

副題:子どもの心を育てる

今回ご紹介するのは、坂東義教著『坂東先生の教育講座』(テレビ朝日)です。折り目は6つ。古い本なので多分、絶版でしょう。

みなさん「溝口モーニングショー」ってご存知ですか? 知っている方は私と同世代かそれより上の方だと思います。当時は有名な朝番組でした。「モーニングショー」だけで多くの国民に通じました。

その番組の有名講師が「坂東(ばんどう)先生」でした。超人気者で、今で言えば「尾木ママ」や「林修さん」のような存在です。特徴は函館弁。坂東先生は函館出身で北海道教育大学函館校の教授でした。函館のなまりは青森弁と似ています。なまりのない札幌とかとは大違いです。「えさへてけ」ってわかりますか?「家に入ってご飯を食べて行きなさい」という意味です。私も函館生まれの函館育ちなので坂東先生のお話は理解できました。(笑)

この本は私が人生で初めて読んだ教育書です。10代の頃、母の実家に置いてあったこの本を叔母さんから譲り受けたのです。私もテレビで坂東先生を知っていたので興味があったのでしょう。それから何度もこの本を読むことになりました。

愛は「の」の字から始まる

坂東先生の言葉です。この本の骨格です。私の子育て講座でも紹介させていただいているので、ご存知の方も多いと思います。我が子が「お母さん、おなか痛いよお」と母親に訴えて来た時に、「さっきのおやつ全部食べたからじゃないの!」などという知識的なしつけ的な対応をするのではなく、「あら、おなか痛いの~」と、子どもが言った言葉に「の」の字をつけて返してあげる。それが子どもの気持ちを受け入れる「情」の対応になるというお話です。

「あ母さん、おなか痛い!」「あら~、おなか痛いの~」

「うん。おなかいたい!」「痛いんだねえ~」

そんなやりとりをしているうちに、子どもは、「ううん!もう痛くない!本当はウンチしたかったの!」などと言ったりします。子どもは無意識のうちにも、ウンチより前に母親の愛情を確認したかったのかも知れません。それがあって自分から「ウンチして来る!」という自立が始まるわけです。

-1歳半~6歳(幼児期), 本の紹介
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。