1歳半~6歳(幼児期) 6~12歳(児童期)

講座26 挫折に強い子の育て方

投稿日:2020年7月13日 更新日:

小学校に入学するというのは人生における一大イベントです。

もう「幼児」ではなくなります。

法律でもそうなっています。

赤ちゃんは乳児、学校に入るまでは幼児。

そして、小学校1年生~18歳までは「少年」です(児童福祉法・第四条)。

乳児期や幼児期は親の愛情を一身に受けて育ちます。

でも、大人になるまでの間に、「自分のことは自分で決める」という経験も必要です。

ただし、急には出来ません。

そこで、

この動画の中にあったような「上手な手助け」が必要になります。

「いいよ。自分で決めてごらん」

というような場面ですね。

そのチャンス、ひとつの変わり目が「1年生になった」という時ということです。

もちろん、もっと早い時期にそうしたことがあっても構わないのですが、

いつまでも「親が決めてしまう」ということにサヨナラするチャンスがこの時なんですね。

だからこれは「親の側の心構え」です。

そして、急には無理なので「一年にひとつずつ」という目安です。

一年生になったら十のうち一つくらいは自分で決めさせる。

二年生で二つくらい。

三年生で三つくらい。

そうすると、中学校を卒業するときには、その多くを自分で決められるように育ちます。

ただし、

自分で決めさせる時に大事な言葉があります。

「失敗してもいいから」

この言葉を添えてあげるのです。

「いいよ。自分で決めてごらん。失敗してもいいから」

そうやって応援してあげるわけです。

少年と言っても子育ては親の義務です。責任があります。

「いいよ。やってごらん。お父さんが責任とるから!」

そんな父親だとかっこいいですよね。

講座26 「挫折に強い子の育て方」でした。

今回の講座は次の2つの資料をもとに作りました。

資料① 向山洋一 PHPカセットテープ集『向山型教え方教室』第1集(販売終了)

資料② 向山洋一『心を育てる家庭学習法』(主婦の友社)

-1歳半~6歳(幼児期), 6~12歳(児童期)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。