1歳半~6歳(幼児期) 父親学 本の紹介

『6歳までにしておきたい親子体験』

投稿日:2020年6月8日 更新日:

副題:小学校に上がってから驚くほど成績に差がつく

今回ご紹介するのは、金子保『6歳までにしておきたい親子体験』(メタモル出版)です。折り目は2つ。

「これは勉強になる、ためになることだから努力しよう」という気持ちは少ないのです。(26ページ)

子どもってそうですよね。「これは勉強になる」なんて考えて行動しませんよね。楽しいからやるんですよね。宿題は親や先生が言うからやっているだけですよね。楽しい勉強なら自分からやるでしょうけど。

楽しいからやる。

これがとても大切なことですね。「これは遊び」「これは勉強」という区別はほとんど意味がありません。問題はその子にとって楽しいか・楽しくないかです。

そして、このことには前提があります。

楽しいか・楽しくないかは、やってみなければわからない。

「やってみる」つまり「体験」してみなければわからないわけです。このとき、無理やらせると楽しくなくなる場合もあるでしょうし、少し強引にやらせてみたけど結果的に楽しくなったという場合もあるでしょう。つまり、

やらせ方も大切。

ということですね。

そして、もう一つ大切なことがあります。

時 期

いつやらせるかですね。この本では次のように書いています。

幼児期は発達幼児期は発達途上であることから、2、3歳の子と5、6歳の子では能力に大きな差が生じます。また、遊びはじめてすぐにグンと発達する子、初めはゆっくりでしばらくしてから急に発達する子と発達時期が異なります。そのため「この遊びは何歳頃に」といった年齢区分を設けていません。年齢を指定してしまうと無用な心配・不安を煽ってしまうことになるからです。年齢を記載しているものもありますが、あくまでも目安です。おおよそ「できるかな」と目安をつけて、やらせてみて、できないようでしたら無理に続けないで、しばらく経ってから行うようにしてください。内容が合っている時は子どもがその遊びに興味を示します。楽しく遊んでいる時はちょうどよい、「させ時」だと判断してください。(4ページ)

時期は目安です。個人差があるということですね。やっぱり「楽しいか・楽しくないか」が鍵だということです。

-1歳半~6歳(幼児期), 父親学, 本の紹介
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座306 育児休業法が改正されました!

令和4年10月1日から「改正・育児介護休業法」が施行されました。 次の2点が新しくなりました。 ①「産後パパ育休」の新設②育児休業の分割取得が可能に と言ってもわかりづらいですよね。 できるだけわかり …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。