本の紹介

『我慢力を育てるしつけの知恵』

投稿日:2020年4月5日 更新日:

今回ご紹介するのは、多胡輝著『我慢力を育てるしつけの知恵』(海竜社)です。

育児書にはブームというものがあって、脳科学の本が売れたり、ほめ方の本が売れたり、叱り方の本が売れたりして店頭に平積みされることがあります。この本は2005年発刊とあります。もしかするとこの年は「叱り方」や「しつけの仕方」がブームだったのかも知れませんね。

折り目は3個所付けました。

親に「大丈夫?」と問い掛けられると、ひどく痛かったような気持になってしまうのです。(中略水野)「大丈夫?」ではなく、「大丈夫ね」という言い方のほうが、子どもに我慢をさせやすことがわかってくると思います。(20ぺ)

本当でしょうか。私の考えは逆です。「大丈夫?」と心配してあげる言葉は悪くないと思います。「大丈夫?」と聞いて「痛い!」と泣いたら、「そうか痛かったんだね」と受け入れてあげることの方が、安心・安全・を生み、自分から立ち直る気持ちの土台となるのではないでしょうか。泣きたいときに泣くのは悪いことではないという、大河原美以さんの主張を私は支持します。

こう書くと、本を読んでいる私が本と対立しているように思われるかも知れませんが、こうしたことも読書の中の大切な一面です。「そうか、そういう考え方もあるんだ」とか、「こういう主張はどこから来るのだろうか」という勉強ができます。今回はそういう意味での折り目でした。

本書とは対立してしまいますが、我慢することが我慢する力をつけるのではないというのが私の考えです。我慢は自分からするものです。脳の抑制機能(ブレーキ、シフト、ナビ)が発達していなければ、我慢する力はつきません。脳の抑制機能を発達させるために必要なのは「言葉」と「愛情」です。安全・安心の環境があって、自分の行動を言葉で考えることができること。それが我慢する力になるのだと考えるのですが、いかがでしょうか。

-本の紹介
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座297 ふたりは同時に親になる

 目 次 1.夫はいつもゲームをやってる?2.『ふたりは同時に親になる』3.子育てにおける同期とは?4.男性には「女性理解学」が必要 1.夫はいつもゲームをやってる? 夫婦の間に「はじめて」赤ちゃんが …

新刊『向山家の子育て21の法則』

 目 次 1.授業技量検定2.指導案審査3.問題提起4.発達障害/愛着障害5.「3/1000」という運動6.夢は叶う 1.授業技量検定 私が「子育て」について勉強し始めたのは平成20年(2008年)4 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。