いじめ・不登校に負けないスキル 本の紹介

『心が元気になる本』1

投稿日:2020年4月10日 更新日:

副題:イライラ、クヨクヨ どうすればいいの?

今回ご紹介するのは、大河原美以監修『心が元気になる本』(あかね書房)の第1巻です。絵本なので折り目は付けていません。

簡単に言いますと、「悩む」とか「いらつく」といった心の動きはどうして起きるのか?どうしたらいいのか?ということが書かれた本です。ただ、普通の本ではなくて「子ども向け」です。中高学年~高校生くらいが対象でしょうか。思春期を迎える子どもたちにとっては最高の本です。

ということは、思春期を迎える子どもたちを持っているお父さん・お母さん、家族、先生方にとっても、非常にわかりやすい内容ということになります。

この本の究極的ポイントは次のことです。

自分のイライラをかわいがってあげる

この考え方がわかりますか?

この考え方こそ「イライラ」や「クヨクヨ」、不登校や虐待などの問題を解決するためのスキルになります。ここでは解説しませんが、大河原先生の論文や著書のベースとも言える非常に重要な考え方です。中でもこの本は、子ども向けでもあるので入り口として読みやすいと思います。この本のことを詳しく知りたいという方には、大河原先生の他の著作をおすすめします。私は全部読みました。

-いじめ・不登校に負けないスキル, 本の紹介
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座297 ふたりは同時に親になる

 目 次 1.夫はいつもゲームをやってる?2.『ふたりは同時に親になる』3.子育てにおける同期とは?4.男性には「女性理解学」が必要 1.夫はいつもゲームをやってる? 夫婦の間に「はじめて」赤ちゃんが …

講座286 我が子が困難にぶつかった時

今回は私の子育て講座の中から「テツ君のあざ」というエピソードを紹介します。 出典は向山洋一先生のPHPカセットテープ集『向山型教え方教室』第1集です。  目 次 1.悪口を言われたテツ君2.教育観とい …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。