1歳半~6歳(幼児期) その他の記事

『子供靴はこんなに怖い』

投稿日:2020年4月6日 更新日:

副題:0~12歳 おかあさんの靴選び、間違っています!

今回ご紹介する本は、靴ジャーナリスト・大谷知子さんの『子供靴はこんなに怖い』(宙出版社)という本です。3か所折り目が付きました。

大きめの靴が子供の足をダメにする(19ページ)

大きい靴をはくと、歩くたびにつま先が前へ滑って、つま先の爪が靴にぶつかり、爪が横にのびてしまうそうです。(「陥入爪」という病気)

足は生まれてからつくられる(40ページ)

大人の足根骨は7個ですが、歩く前の赤ちゃんは1個、1歳半で4個しかないそうです。これは赤ちゃんの足の骨は軟骨のままで、骨になるには時間がかかるからだそうです。骨のかみ合いが進むのが「4歳~13歳の頃」で、完全に完成するのが18歳とあります。このこともフィットした靴が大切な理由です。

指が、未熟なかかとを助けている(43ページ)

赤ちゃんは、かかとが未熟なまま生まれ、成長するにつれて「かかと」が伸びていく(3歳くらいまでが著しく一年に15~20mm)。そのため、それまでの間は未熟な「かかと」を補うために「指」が歩行を助けるために活躍しているというわけで、これもフィットした子供靴が大切な理由になっています。

-1歳半~6歳(幼児期), その他の記事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

講座301 思いやりを育てる方法(後編)

ーーー 男たちに金を払ったのはなぜ? 言われたから。 ーーー 悔しくなかった? ……サンキューって言ってくれる人もいた。 ーーー 売春は嫌だった? そうだけど、他にすることないし…。 ーーー 後悔して …

講座300 思いやりを育てる方法(中編)

「思いやりの育て方」(講座299)の続きです。 前回は①~④を解説しました。 今回は⑤と⑥です。 ①大人からの視線によって「人との二項関係」を築く(新生児期~)②おもちゃによって「物との二項関係」を築 …

講座299 思いやりを育てる方法(前編)

 目 次 1.こんな子に育って欲しいランキング2.「思いやり」とは3.言葉にしてあげる4.相手の気持ちを想像する力5.まとめ 1.こんな子に育って欲しいランキング みなさんは我が子に対して、どんな子に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。