12~18歳(思春期) 本の紹介

『壊れた家族で生きてきた』

投稿日:2020年3月26日 更新日:

今回ご紹介するのは、最上(さいじょう)うみみさんのコミックエッセイ『壊れた家族で生きてきた』(イースト・プレス)です。

中身はコミックです。しかし、ただのコミックではありません。

 父の不倫

 母のアル中

 弟の失踪

 私の自殺未遂

最上さんの人生を描いたコミックです。

7歳の最上さんと4歳の弟、母が違う12歳の姉。どこにでもあるような普通の家族。そこからの半生が綴られています。

私はこのコミックを読んで2つのことを思いました。

一つは、「普通の家族」と「子どもたちの絶望」は隣り合わせであるということ。最上さんだけではありません。私は34年間の教員人生で様々な家庭と接して来ました。皆、「普通の家族」のように見えました。多分、普通の家族だったのでしょう。しかし、その「普通」は誰にとっての普通なのか。誰から見た普通なのか。子どもたちは?

子どもたちほど「普通」を望んでいる者はいないと実感しました。

もう一つは、「生き直し」という重い言葉です。

この言葉を聞いた時、こんな重たい言葉があるのかと驚きました。本の後半はこの「生き直し」が展開します。そして、最上さんは現実に今も生きていらっしゃいます。つい先日はTwitterで私にメッセージも下さいました。私はファンの一人です。ぜひ、皆さんもファンになって下さい。この本に折り目は付けませんでした。

-12~18歳(思春期), 本の紹介
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座297 ふたりは同時に親になる

 目 次 1.夫はいつもゲームをやってる?2.『ふたりは同時に親になる』3.子育てにおける同期とは?4.男性には「女性理解学」が必要 1.夫はいつもゲームをやってる? 夫婦の間に「はじめて」赤ちゃんが …

講座295 思春期は早い方がいい?遅い方がいい?

前回は「思春期らしさ」について解説しましたが、 最近の思春期には社会的な問題が生じているので今回はそのことを補足します。  目 次 1.思春期はいつから?2.思春期が早まっている?3.早まることのリス …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。