1歳半~6歳(幼児期) 本の紹介

『イライラしないママになれる本』

投稿日:2020年5月7日 更新日:

副題:子育てがラクになるアドラーの教え

今回ご紹介するのは、野口勢津子著『イライラしないママになれる本』(秀和システム)2016年です。折り目は6つ。

著者は書きます。

なぜ私は10年もの間、子育てについて誰かに相談したり、解決しようとしなかったのだろうと、そのとき思いました。

理由はおそらく二つあります。

一つは、子育てについて「学ぶ」という意識がなかったからです。それまでの私は、子どもが誕生したら母親には母性が自然と備わり、誰に教わることなく自然に子育てができるものだと思っていたのです。

誰かの歌みたいですが、子育ては「愛さえあればなんとかなる」と思っていました。学校で「子育て」という科目もありませんでしたし、家庭科で習ったのは授乳や抱っこの仕方など身の回りの世話の方法ばかり。子育て法については一切触れていません。自然と子育ては私が子どもの頃に親からしてもらったことを、今度は我が子にすればいい、そのくらいに考えていました。

でも、それは間違いでした。子育てには愛情だけではなく「技術」が必要だったのです。そのことを私は勇気づけの子育て講座で知り、とても助けられました。(28ページ)

技術を学び、使いこなせるようになった著者は「子育ては断然楽になる」と書いています。現代の子育ては「学ぶ」ものだったのです。

著者が学ぶことをしなかったもう一つの理由は感情的な問題でした。

もう一つの理由は、私が自分のことを「母親失格」だと認めたくなかったからです。(28ページ)

私などは、そんな風に考えなくても…、と思うのですが、「学校で習わず」「愛情だけでなんとかなる」ということを前提にしてしまうと、結果を自分のせいにしてしまうことは起きて不思議ではありません。

子育ては学校で習っていないのでみんな知らないし、愛情だけでなんとかなるものでもないのだから、誰かに頼らなければならないものであるという考え方をもっと広げなければならないと思わされた本です。

-1歳半~6歳(幼児期), 本の紹介
-, ,

執筆者:


  1. みやまゆ より:

    子育てを学ぶ機会がなかったというのが、印象に残りました。子育てについて早くに学ぶことが不安の解消にもつながっていくと思います!

    • miz より:

      おっしゃる通りだと思います。その時期は「高校」が最適!だと手応えを感じていたのですが、YouTubeを始めたところ、動画でなら小学生でも子育てに関心を持ってくれることがわかりました。これからは年齢に関係なく大事なことは誰でも学べる時代なんだなと実感しています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

講座325 向山家の子育て【法則②】叱らない

法則② 叱らない 向山洋一氏は、はっきりと書いている。2ページにわたる文章の中で、その後三度も「叱られなかった」と書いている。(67ページ) そんなことがあるでしょうか。  叱らないで育てる できるで …

講座323 向山家の子育て【法則①】先人の知恵に学ぶ

法則① 先人の知恵に学ぶ 向山洋一先生の弟さん(向山行雄先生)は、小学生の時、毎日給食を残していたといいます。 一日も欠かさず毎日です。 コッペパンの中味だけを食べて、そこにおかずを入れて、それをラン …

講座326 向山家の子育て【法則㉑】手紙を大切に

法則㉑ 手紙を大切に 向山洋一氏の娘・向山恵理子さんは「Anyango(アニャンゴ)」というミュージシャンです。 アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、「ニャティティ」という楽器の世界 …

講座310 就学時健康診断の落とし穴

4月に一年生になるお子さんは10月前後に健康診断を受けると思います。 これを「就学時健康診断」と言います。 この時に簡単な「知能検査」を実施する市町村があると思います。 保護者の間では、その結果にドキ …

講座305 ウソをつく子への対応

子どものウソには発達段階があります。 試しに「ウソ 発達段階」で検索してみて下さい。 たくさんの記事がヒットします。 今回はそうした記事の中からいくつかを取り上げて、ウソの種類とその対応方法を解説しま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。